僕とワタシのワルツ

投稿日:2021/02/27 12:51:35 | 文字数:521文字 | 閲覧数:116 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

練習中

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ねえ僕ワタシなのにどうして
翻る夜の波に見えて
怖いカナシイ怖い怖いと
ワルツ踊る中庭の背中
独りそこに独り笑う

どうして僕ワタシなのにねえ
雲がはち切れる夜に哭けば
苦しいよと嗤うのは僕
ワタシ支えるの泣きながら
哭きながら拙い叫びを

僕とワタシを捨てていくのどこに
雑踏にまみれた灯り投げ捨てて
より身近に烏が泣いた哭いた

一番星押し流して願う
ここより素敵な場所で泣くわ
いらないいらないいらない君キミ
キミいらない僕ねえワタシは
行くのどこへ


ねえ僕ワタシなのにどうして
あまくない蜜が苛むむ夜
怖いカナシイ怖い怖いと
鋼鉄の花が胸を殺す
独りそこに独り嗤う

どうして僕ワタシなのにねえ
にわかの夢が常識語る
苦しいよと嗤うのは僕
ワタシ支えるの泣きながら
泣きながら拙い叫びを

僕はワタシを捨ててどこに行くの
捨てて僕は行くのどこにワタシを
より身近に哭くのは僕か僕か

誰も知らない場所で叫ぶのは
白鳥の最期の歌のよう
いらないいらないいらない君キミ
君いらない僕ねえワタシは
どこへ行くの


かわいいねと笑うワタシを見たくて
僕は吠える百万の時の中で
僕は吠える百万の時の中で
かわいいねと笑うワタシを見るために

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP