いずれ「ハレルヤ」になる歌

投稿日:2020/05/29 21:32:45 | 文字数:362文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「これからの神様の話をしようか」と、君は深刻そうに言うんだね
「この世はどうして祈りで忙しくなるほど厄介なんだ」って
確かに僕とて思うよ

嗚呼 いつか君の涙は雪になって地上を明るく染め上げるだろう
そんな、そんな瞬間にすら僕は祈りに喘いで彷徨うのだ!
そうさ…

聞いて、でもね、世界がたびたび燃えるのは
半分はプロメテウスのせいでもあるんだよ
僕は性善説を振りかざすわけじゃないけど
人に偉大な一面があるのは真実じゃないか、君もそう思うだろう?
その点僕らは世界に祝福されているんだ

嗚呼 そうだ、天がもたらした苦しみの前で人は互いに手を取る
そんな、そんな瞬間に神も不死も人の心に宿るのだろう!
嗚呼 いつか君の涙は雪になって地上を明るく染め上げるだろう
どうか、どうか見ていてください この羽根は空からの贈り物さ!

初音ミクと共に音楽を作っています

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • いずれ「ハレルヤ」になる歌

    by Zitroneさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP