【背徳の姫君】『菫姫~La traviata~』

投稿日:2013/04/07 14:33:11 | 文字数:596文字 | 閲覧数:151 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

と言うわけで、リンちゃんに今度は女の子役をお願いしました。
菫姫の本名が出オチというとんでもない曲。
おかしいな、これだと曲聞いた人が菫姫が悪役だとすぐ解ってしまいそう。そして貴婦人(もといスナック臭…いやなんでもありません)臭を出そうとした結果、世界観崩壊謎のジャズ風味。

しかしそんなことを歌詞だけから読み取れる方など居るはずもない。この説明文の大半は意味を成しませんね!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

《La traviata》traviata traviata 《madame Violetta》
淪落の淪落の貴婦人菫姫
traviata traviata traviata《菫姫(ιον)》
淪落の淪落の姫君菫姫

愛してあげましょう この腕に抱き寄せて(抱きしめ)

淪落の庭園(エデン) 掟(ノモス)の城
希う者に一時の夢を見せて微笑む菫姫
蜘蛛糸(レース)の天蓋(カーテン) 最果ての森
旅人迎えて物語る供物 思惑と素顔を裏に

伝承:(闇を照らす蝋燭 弄ばれるだけ
   ままならぬ想い噛み締めるだけの
   僕を貴女は嘲笑う)

菫姫:(菫の香りに酔い痴れながら
    落ちていくだけの六日物語
    笑わせてごらんなさいな)

《La traviata》traviata traviata 《madame Violetta》
罪深き罪深き罪業の女城主
traviata traviata traviata《菫姫》
煉獄の煉獄の姫君菫姫
いつかのように貴方だけに 優しく歌うわ子守歌

菫の香りに酔い痴れなさい
貴方はもうすぐこの手の中に堕ちて来る

《La traviata》traviata traviata 《madame Violetta》
淪落の淪落の貴婦人菫姫
traviata traviata traviata《菫姫》
淪落の淪落の姫君淪落姫(トラヴィアータ)

本業趣味の小説の掘り下げで物語っぽい曲作り。

ボカロさんには演劇とかミュージカルのノリで歌って貰ってます。歌って踊れる演劇ロイドを目指して、たまに女装とか男装とかさせてます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【背徳の姫君】『菫姫~La traviata~』

    by 有月 仮字さん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP