ミスキャスト

投稿日:2015/01/24 23:18:59 | 文字数:382文字 | 閲覧数:155 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス:

「たった一瞬交わっただけの、」
けっきょく僕は、脇役でした。


雰囲気優先で捏ねあげました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜をずっと待ってた 君がいない部屋
イヤホンの向こうはノイズ
色あせた月明かり手のひらに受けて
やっと掴んだ答え

「どうしたって君は僕のものにならない」
差し伸べた手は 風に冷えた
光を掴むように すり抜けるばかりの
君にとっての僕は通りすがり

硝子の花びら 降り積もる埃
消えない曇り残して


ほんの少しだけ 君の傍にいた
僕はさながらノイズ
色あせた月明かりから逃げ出した
二人の行方は知らない

どうしたって君は僕のことを忘れて
思い出にさえも残れない
交わしたはずだった約束にだって
小指の温もりも残らない

硝子の花びら 置き去りの心
消えない曇りのこして



「どうしたって君は僕のものにならない」
差し伸べた手は風に冷えた
交わしたはずだった約束でさえも
月明かりの下色褪せてく

夜をずっと待ってた
君がいない部屋
イヤホンの向こうはノイズ

*自己紹介*
 浮草(うきくさ)と申します。
 巡音ルカとKAITOのマスターで、作詞・作曲をしております。
 作品一つ一つに心をこめて作っているので、気に入っていただけたら嬉しいです。

作品利用に関しましては、非営利活動に限り許可しております。ご利用の際には一言ご連絡いただけると大変嬉しく思います。

・動画投稿
  ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/mylist/8687519

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP