ごみ屑と愛のパズル

投稿日:2010/06/25 18:37:17 | 文字数:1,223文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

ko_toさんの歌詞募集(http://piapro.jp/content/34t7tf4m5wstl354)に応募した歌詞です。

ちゃんと見ずにゴミを捨ててる感じ。
何となく何かを感じ取れるといいなぁと。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


「ごみ屑と愛のパズル」


A
ぐしゃぐしゃに丸めた もう必要ない
たくさんのごみ あふれる、まだ大丈夫

まだまだ余裕だと笑って 空白を埋めて
いつの間にか 溜まっていって
溢れて それは ぽろり

B
敷き詰められてく パズルのピースのよう
正しい 居場所 探していた

サビ
隙間を埋めて 正しい位置へ
ぐしゃぐしゃになって 崩れ落ちてく
もう無理かもって ころり笑い
誰か拾ってと ぽろり泣いてた


A
まだまだ余裕だと笑い 強引に詰めた
油断してた 大丈夫って
言葉の ピース ぽろり

B
その音に気付く もう崩れた後と
それじゃもう 遅いって気付くのも…

サビ
隙間を埋めて 正しい位置へ
ぐしゃぐしゃになって 零れ落ちてく
もう無理かもって ころり笑い
誰か掬ってと ぽろり泣いてた

サビ
だから気付いた だから見つけた
ぐしゃぐしゃになった 丸い思い出
広げてみたら 誰かの笑み
誰かのピース ぽろり泣いてた


C
当たり前に溺れて 沈む体(てい)
誰もが本当は 手を伸ばして…

サビ
未来を埋めて 正しい道へ
君の手を取って 握り締めてく
ごめんねと言って ころり笑う
君の笑顔が 満たす雫

サビ
未来(隙間)を埋めて 正しい道(位置)へ
ぐしゃぐしゃになった 丸い思い出
集めてみたら ひとつの未来(愛)
大きな笑みで 僕らのピース





***



A
ぐしゃぐしゃにまるめた もうひつようない
たくさんのごみ あふれる、まだだいじょうぶ

まだまだよゆうだとわらって くうはくをうめて
いつのまにか たまっていって
あふれて それは ぽろり

B
しきつめられてく ぱずるのぴいすのよう
ただしい いばしょ さがしていた

サビ
すきまおうめて ただしいいちへ
ぐしゃぐしゃになって くずれおちてく
もうむりかもって ころりわらい
だれかひろってと ぽろりないてた


A
まだまだよゆうだとわらい ごういんにつめた
ゆだんしてた だいじょうぶって
ことばの ぴーす ぽろり

B
そのおとにきづく もうくずれたあとと
それじゃもう おそいってきづくのも…

サビ
すきまおうめて ただしいいちへ
ぐしゃぐしゃになって こぼれおちてく
もうむりかもって ころりわらい
だれかすくってと ぽろりないてた

サビ
だからきづいた だからみつけた
ぐしゃぐしゃになった まるいおもいで
ひろげてみたら だれかのえみ
だれかのぴーす ぽろりないてた


C
あたりまえにおぼれて しずむてい
だれもがほんとうは てをのばして…

サビ
みらいおうめて ただしいみちへ
きみのておとって にぎりしめてく
ごめんねといって ころりわらう
きみのえがおが みたすしずく

サビ
すきまおうめて ただしいいちへ
ぐしゃぐしゃになった まるいおもいで
あつめてみたら ひとつのあい
おおきなえみで ぼくらのぴーす


ども。菜緒です。趣味で物書きしてます。のっとリア充。
歌詞募集タグに出没中。また、そのうち小説をあげたいな、と思ってます。


サムネをお友達のゆうさんに描いて頂きました。有難う御座いまーす!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP