1.57

投稿日:2016/05/30 03:21:42 | 文字数:251文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

太陽が嘲笑い僕を見下す
直視できないその光に
倒れてしまおうか

あたりは鮮やかなオレンジ色
自分の影に問いかける
「こんな臆病な生き方に意味などあるのでしょうか?」

この世界に生まれた理由を
夜明けの空は教えてくれない
そんなの僕はわかっているさ
1時58分に今日が終わる


さぁ、物語のクライマックス

僕は笑っていたんだ


夜明けの空よ、泣いているか?
本当は僕だって気付いてたんだ
"生まれた理由なんてなかったんだ"
「さよなら、お元気で、またいつか。」

1時57分に

僕は《眠った》

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 1:57【イラスト募集】

    by HBさん

▲TOP