●今がミライ

投稿日:2018/10/31 10:35:35 | 文字数:482文字 | 閲覧数:139 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ttmywrk様の歌詞募集作品
https://piapro.jp/t/cdgQ
に応募させていただいた詞です。
未来の無限さや不思議さに、一瞬ごとにわくわくしている感覚を描こうとしました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

拾った貝殻を ズボンに詰めて
かけ寄れば君が 砂のお城に招く

無限の広さ やがて海鳴りに
晴れた日が暮れる
胸のざわめきはお城が崩れてくから

浜辺で遊ぶこともだけど
君といることが楽しいから
おいでよって誘う子供だけの
知っていること「今がミライ」

放課後の机 座った君は
長い髪を揺らし くすりと笑う

窓 無限の夜風 木々は弓なりに
枯れた枝鳴らす
胸のざわめきは髪の香りがするから

教室で話すこともだけど
君といることが嬉しいから
なんだよって言える子供だけの
知っていること「今がミライ」

変わっていくことが怖いけど
一緒にいることは変えないから
大人になったら終わり? でも
知っているから「君がミライ」

流れた白い雲 プールサイドの花
黙ったまま目と目で笑いあった
まだ このままでいい

空の下歩くこともだけど
君といることが眩しいから
もう少しだけ子供だけの
無限を見せて「今がミライ」

変わっていくことが怖いけど
一緒にいることは変えないから
大人になっても終わらない
知っているから「君がミライ」

知っているから「君といたい」

詩を書いたり読んだりするのが好きです。
音楽は一応習っていましたが、作曲ができる方には足元にも及びません。
よろしくお願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP