人形のワルツ

投稿日:2017/02/19 09:25:21 | 文字数:549文字 | 閲覧数:290 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真夜中の午前2時
ふらりふらりと動き出す
いつも一緒にお遊びした
あの子は今どこにいる

誰もいない暗闇の中
一人ぼっちは寂しいの
手を繋いでダンスをしたい
もう2度と離さないから

君が私を手招いて
君が私を飼ったのよ
君が私を毒に漬けて
君が私を捨てていった

どうなってもいいんでしょう?
傷だらけの私を見捨てたの
そういうことなんでしょう?
いらないわって踏んづけて
鋭利な瞳でトドメをさしたんでしょう


真夜中を徘徊し
あの子の元へ行きたくて
ここにいるの?あそこにいるの?
違う あの子じゃないわ

行き場のないこの心
埋めてくれるの一人だけ
赤い糸は切らせないから
待ってて手繰り寄せちゃうわ

君が私を引き裂いた
君が私を赤くした
君が私を裏切ったの
君が私を忘れてった…

それなりの報いを受けろよ
私を消した代償を知れよ
そういうこと、分かってる?
血眼になって探して
恐怖に歪む顔を拝みながら殺るわ


ずっと一緒にいましょうね
死んでも一緒にいましょうね
昔々にした約束を
時効だなんて言わないわよね
「これからずっと隣にいるよ」


私とワルツを踊りましょう
逃げるならその足切り落とすわ
赤いワンピースを脱いで
全力疾走 地の果てまで追い詰める
ほらね、見いつけた

作詞をしてみたい。絵も描きたい。
絵はゆるいのが好き。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    Juiceです、強烈なインパクトのある
    凄い詩ですね いい感じ。

    2017/02/24 17:17:33 From  juice

  • userIcon

    メッセージのお返し

    うわぁ、ありがとうございます。
    そう言っていただけて嬉しいです。

    2017/02/24 20:42:11 こな雪

もっと見る

▲TOP