いろがたり

投稿日:2017/12/27 19:20:15 | 文字数:463文字 | 閲覧数:265 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

見聞しもの總てが事新しかつた
彼の日頬を撫ぜた風の如く
視へずともあたゝかな心地に包れた
長き冬も明けたやうに

はじまりは何時とは無しに訪れて
高じたる思慕は戀慕の情と相半
緊張と共に吸ひ込んだ部屋の香も
此の頃は愛おしく

巷間に溢る詠人知ずの
歌が如く搖れるもの
千變萬化色語
茜さす音繁く

再三指南されし筆順が擦れず
眇たる氣の迷ひとは覺れど
字引に當らずとも思ひ半に過ぐ
蓋し一塲の春夢

同じとき同じものを眺めれど
何も變る筈無き事言を俟たず
ゆくりなく絡む視線に意味等無い
傍が無性に淋し

戱れ交りの强がりが
日增しに憂き思ひを帶びれば
窮途末路の色語
畢竟繕へぬなら

口にしなくともよい言葉を紡ぎて
聞かずともよい言葉を聞かば
本の幾許かだけ樂になれるだらうか
夏雨人に雨らすやうに

置去る事の出來ぬ影法師だけは
餘さず觀ていた大禍時も
牴牾しささんざめく事ノベツ幕無し
消せぬ三秋の思ひ

見聞しもの總てが事新しかつた
彼の日頬を撫ぜた風の如く
節氣等移らへば止みゆくのだらうか
長き冬の明けるやうに

音音P(おとおと-)って名前でボカロPやってます
http://nico.ms/mylist/54549494

piaproには自作曲以外のお手伝いさせていただいた歌詞を載せていきます


似顔絵は田牧そうさん画!
https://twitter.com/makihumi_

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    今回も素敵な歌詞をありがとうー!!

    2017/12/28 03:13:30 From  たくまる

  • userIcon

    メッセージのお返し

    いろいろ勉強になりました\(^o^)/おつっした><

    2017/12/28 08:51:48 音音P(ラシ)

▲TOP