オトギカケラ

投稿日:2019/04/07 14:17:56 | 文字数:585文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

オトギカケラ

昔々のオトギの話 焦がれた夢のカケラ集め
いつの間にやらぽっかり空いた 心の隙間埋めて行く
子供だまし ハリボテの世界 ご都合主義 王道展開
初めは皆初めまして 今じゃどれもありきたり

最高の夢見せて 隠してないでもっと頂戴よ
魔法をかけて僕を誘って オトギの国に溶かしてよ

生きてく中で何故か僕たちは 夢の見方さえ忘れて
嗚呼 目に映る物も全て 自らの手で歪めてしまう

オトギ話の決まりの終わり 幸せに暮らしたでさようなら
夢から放り出された僕は呟いた なんだ寂しいな

始まりがあるのならば いずれ終わり忘れ去られてく
リアルにまでも侵食する幻想も いずれ薄れ消えて行く

生きてく中で何故か僕たちは 自分の姿さえ忘れて
ただ いくつもの終末を 見送り虚無を抱くのでしょう

置いてきぼりの僕たちは 歩みを止めて振り返る
思い出の中のオトギのカケラ 輝き続けているから
手に取って光にかざせば 今まで気付かなかった色に変わる
まだ まだ 息をしてる

零れ落ちて行く 尊き刹那 綴られる想い
いつだって求め辿るノスタルジア 帰る場所も分からずに

生きてく中で何故か僕たちは 夢の見方さえ忘れて
手の中の宝石に気付けずに 遠くばかりを見つめてる

オトギの欠片繋ぎ合わせよう 色褪せる度に継ぎ足して
心満たされるその時まで なくした夢をもう一度

レンくん中心にマイペースお絵かき、作曲始めました。

Twitter
https://twitter.com/aroeruji

pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=42586450

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • オトギカケラ

    by あろえるじさん

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP