永遠の時の中で

投稿日:2013/02/20 04:29:17 | 文字数:363文字 | 閲覧数:458 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:


ビーストスクールライフ、かまいたちの彼(名前未定)のお話です。
曲化イメージイラストなどよろしくお願いします。
カーコ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


人に触れれば傷をつける
化物と呼ばれたその存在は
心捨て
感情捨て
いつしか
さみしい
それすらも
忘れてしまった

流れる雲のように毎日日々はなんとなく過ぎていく
過ぎ去りし日々を愛おしむ事なく過ごしてく


人とはなんて傷つきやすいんだ
人とは脆くはかない生き物だと
君を見つめて
死を見つめて
そう思う
けれども
それすら
忘れてしまった


永遠に近い時間の中気づかずに歯車は狂っていき
人を傷つけることに恍惚を覚えてしまう


ガラス玉のように脆く崩れる
思い出の中に映る君は誰だっただろう
人に紛れ
闇にまぎれ
何がしたいか
わからない
存在意義
それすらなくしてしまった

不老不死の化物がさまよい続けたその先に
自分を受け入れてくれる仲間を見つけることになる

けれどもまだそれを知らずに今日もまた手を染める

だいたいいつもリアルのトラブルにより少々ドタバタ中。
作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP