XXXX and ever

投稿日:2019/08/22 23:47:00 | 文字数:413文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつからそんなに臆病になったの?
失う怖さを知った日から僕は
失う物なんてないはずが
こんな世界でなぜ出会ったの?

なにか一つ願いをさ
叶えてくれるのならば
君は何を願ったりするだろう

消えてゆくこの世界 抗がえるのならば
君と一緒ならば 変えられる気がして
手が届かなくてもそばに近づきたい
絶望さえ消し去る光が眩しくて

侵されたこの体が痛むならば
終わりが始まるまで傍にいるから
知られたくない事ばかりなの
正しい事なんか関係ない

無邪気に笑うだけでさ
すべてが許されるなら
何も知らず子供のままでいたい

見えるから欲しくなる 手が届く気がして
欲張りになるほど 光が近すぎて
眼を瞑る事などできないほど強く
欲望が未来を殺すならその日まで

消えてゆくこの世界 まだ間に合うならば
二人一緒ならば 変えられる気がした
たとえ届かなくても手を伸ばすからさ
放たれる光の下でまた会いましょう
いつまでも いつまでも

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • XXXX and ever / 鏡音リン・レン

    by small springさん

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP