始まりのダイアローグ / feat.初音ミク

投稿日:2021/03/03 00:35:51 | 文字数:431文字 | 閲覧数:849 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル曲の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

太陽に照らされて 眠くなってきた午後3時
イヤフォンつなぎとめて 夢の中連れていってよ

あなたがみてる世界を私に見せて
それが無理ならもういっそ夢から醒めないで

紡がれた言葉が世界に色づいて
絡まって弾けて 一度きりの音になる
忘れないでね 二度と会えないからさ
おやすみ、世界と未来 始まりのダイアローグ

夜空に焦らされて 瞬く星 流れるメロディー
嘘だっていいからさ 前を見て走り出そう

あなたと会える世界はすぐそこにある
それが無理だと決めるにはまだ早すぎるんだ

綴られた言葉が世界に花咲いて
集まって大きな 一度きりの音になる
散らさないでね 二度と会えないからさ
おはよう、世界と未来 始まりのダイアローグ

「閉じていた瞼をそっと開いた。
 カーテンに映る夕日はとても綺麗で…」

あぁ あなたも同じ景色を見てたらいいなって
そんなことを思いながら
時は流れてく 今日は何を食べよう

静寂を破る耳障りな音
眩しい画面に映されたあなたの名前

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 始まりのダイアローグ / feat.初音ミク

    by 璃兎さん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP