古典式現代ゴミュニケーション論

投稿日:2012/10/06 09:40:40 | 文字数:531文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

※1
《》の部分は映像効果でお願いしたい箇所です。
「ピー」という音に合わせて表示してもらうというイメージで

、歌詞としての意味はあまりないです。

※2
可能であれば「パラパラと」ではなく、「フリップ・ブック」

(ぱらぱら漫画の英訳)と歌わせていただければ、幸いです。

文字数として無理ない場合はお願いします。

※3 
自由=名ばかり とありますが「=」は読みません。
表記のみです。

読み方はこちらを参考にしてください。
http://piapro.jp/t/BhXj

解説はこちらになります。
http://piapro.jp/t/x096


追伸
ストーリー展開を持つ自分の歌詞全般に言えることなのですが、
『動画にするとさらに曲が映える歌詞』になっていますので、ニコニコ動画などにアップロードするときは動画師の方の採用を強く提案します。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1A
華やか 君の舞う 舞台袖
鮮やか 花の散る 春の尾根

強か  風の切る 月の下
艶やか 髪踊る  人の科 空虚(ウツロ)


CYM  乗せる  紙の上
赤青  緑点く  箱の中 《放送開始》(※1)

音、波 0と1  爆ぜた声
円盤  売り捌く 体制の欲


1S
綺麗言降る 世間様方
晴れはどちら?
世迷言振る 詭弁家方へ
嘲笑い

数字操り からくり茶番
明けぬこの夜
首輪繋がる 日々を貪り
眠れ猫


2A
醜く  肥え太る  鳩が飛ぶ
賤しく しがみ付く 餓鬼が泣く 《放送事故》

幻想 映すだけ  パラパラと(※2)
洗脳 刷り込んだ 言論の罪


2S
熱く輝き 瞳焦がれて
めくらさがし
音かき鳴らし 耳を塞げば
利けぬ口

自由=名ばかり 貨幣の手先(※3)
傀儡廻し
選んだ“全て” 抜かない刃
踊れ狗


3A
たをやか 日が去りて 菊の宴(エン)
しめやか 神鳴りて  いでし鬼 《放送禁止》


3S
熱く輝き 瞳焦がれて
めくらさがし
音かき鳴らし 耳を塞げば
利けぬ口

綺麗言降る 世間様方
晴れはこちら
世迷言振る 詭弁家方へ
オウム返し

今宵願ふは 月夜の調べ
露に奏で
常世過ぎれど 傀儡の心地
えも知らず

もとは小説屋さん。
だらだら生きてますが、今はちょっとだけ忙しい。
作詞、小説が専門です。

ダークな感じの歌詞からガールズポップまで、一応なんでも書けます。
歌詞にギミック入れるのが大好きです。
凝った歌詞がほしいときには是非声をかけてください。

最近特にストーリー性を前面に押し出した歌詞を書いています。
『動画にしたらさらに曲が映える歌詞』をご所望の方はぜひ声をかけてください

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP