カイセキフノウ

投稿日:2011/12/18 16:38:06 | 文字数:211文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

どんなにけがれて どんなにちっぽけでも
ワタシは ここにいきている


締切を勘違いして出しそびれた応募用歌詞。
せっかくなので載せておきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ちぎりかけの嘘に 包まう君はダレ
壊れてゆく言葉 届けて

書きかけた手紙を 風に乗せて飛ばす
堕ちて消えるだけと 知って[いて]も

何も見えず彷徨ったとして
それでも まだ
籠の中で踊る鳥たちは
朽ち果てないから

ボロボロに穢れた喉よ叫べ ほら
【こ こ に い る】
この声が聴こえるでしょう

ありふれて霞む不定形なココロはいらない
この歌に生きているの

確かに見える鼓動は
カイセキフノウ
だから さぁ……!

思い立った歌詞を書き連ねるだけの日常。


曲先作詞大好きです。
お気軽にお声掛けください。


どこかの誰かの心に届けば、
こんなにもうれしいことはありません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP