家族の消失 ―鏡音編⑧―

投稿日:2012/04/13 19:07:39 | 文字数:997文字 | 閲覧数:1,398 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前回同様、亜種注意。


最終回も近いか…?

初音ミクの消失
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2937784

この小説の土台、および参考にさせていただいております。
 

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

謎 
 
 
 
「……レンカ…?」
 
今レンカが、突然開いた魔方陣に吸い込まれていった。
レンカも削除されたのか?
――まさか。
 
 
俺は部屋を飛び出し、隣の部屋のドアを乱暴にノックした。

「は、はい」
 
ミク姉がドアから顔を覗かせた。
良かった。
しかし謎が生まれた。

――なぜレンカは消えたのか。
 
「どうしたの?レン君」
「今、突然レンカが消えたんだ」
「え…?どういうこと…?」
「分からない。突然魔方陣が開いて、その中に吸い込まれていっちゃったんだ」
「と、とりあえず中に入って」
「おじゃまします」
 
中に入るとミクオさんが『ネギのすべて』という本を読んでいた。
どれだけネギを愛しているのか。
そもそもどこで手に入れたんだ、その本。
 
「ん?どうした?」
「今…」
 
俺はさっきミク姉に話したことをそのまま話した。
 
「それは不思議な話だな」
「そうなんです…。何か、思い当たることはありませんか?」
「すまん。さっぱりわからん」
「ですよね…」
 
三人で悩む。
 
「そうだ!KAITO兄さんとKAIKOさんに聞いてみたら?」
「なるほど!」
「さすがミク!」
 
廊下に出る。
 
「えーと、確か一番端だったよね」
「あぁ」
 
何もない真っ白な長い廊下をかけていく。
 
「ここだ」
 
ノックをする
 
「はーいよ」
 
といって顔を覗かせたのはKAITOさんだった。
 
「おぉ。いらっしゃい。あれ?レンカちゃんは?ケンカでもした?」
「違うよ。そのことなんだけど…」
 
ミク姉はKAITOさんに事情を説明をした。
 
「不思議ね。どこに行ったのかも分からないんでしょ?」
「はい」
「うーん。誰かがレンとレンカちゃんの部屋にいたのかな…」
「確認してきます」

俺は部屋を出て確認へ向かった。
 
部屋の隅々まで探ってみたが、どこにも異常はない。
おかしいな…。
 
KAITOさんたちの部屋へ戻る。
 
「誰もいなかったです」
「うーん、ますます不思議ね」
「KAITO兄さんの割にさえてると思ったけど…。やっぱり違ったんだね」
「…」
 
KAITOさんのこの言われようは一体。
 
「レンカは何故・何処へ消えたんだ…?」
 
 

考えれば考えるほど謎は深まるばかりだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
次回へ続きます。


 

小説をマイペースで書いてます。

 
年少組が好き。

リクエスト等ありましたら、メッセージにお寄せください。
リクエストといっても、曲の場合は曲をモチーフにして自分の世界を勝手に広げる二次創作小説になりますが。
 
アイコンはなつめ亜佐様に描いていただきました。
中学生なうでいらっしゃいます。
絵柄がとてもかわいいですよねw


現在、初音ミクの消失をもとにした小説を書いています。→完結しました。

http://piapro.jp/t/9DU2

一話目
 
http://piapro.jp/t/9LeS

設定


現在、千本桜をもとにした二次創作小説を書いております。

http://piapro.jp/t/AUcW

一話目(プロローグ)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP