其の女

投稿日:2016/04/12 16:32:52 | 文字数:487文字 | 閲覧数:100 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

かけこみ下車P様のhttp://piapro.jp/t/PP1Iへの応募用
字数調整の部分がございます。
タイトル変えて頂いて構いません。
歌詞も改善して頂ければと思います。

Cメロ前の和テイストで
花魁風のイメージがついたのと
ギターに負けない強めの歌詞を、とのことで
印象強い歌詞を中心において考えました。

力強さを出しつつ
それでも呆れと寂しさを持つ哀れな
女性がイメージです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A **
恋を拗ねらせた純情は 従順な奴隷
駆け引きのような単純さ が肝心なの

B **
貴方から始まる濃厚な奉公 夜を彩るように
冷めても褪せても身体は繊細で 熱く成っていくの

サビ **
嘘まみれの世界よ 泥だらけで最低な
病み上がりの愛なんて 要らないから ねぇ
声を荒立てた淫売(いんばい)が煩(わずら)いな
肌を合わす程に 後悔浸る

A **
周りの言葉では幾度も 首を吊るそうと
間抜けな女 晒し者 私わ

B **
何も感じないの 何も怖くないの 息ができるのならば
代わりを望むならこの身体全部 差し上げてあげましょう

サビ **
嘘まみれの世界よ 泥だらけで最低な
病み上がりの愛なんて 要らないから ねぇ
声を荒立てた淫売(いんばい)が煩(わずら)いな
肌を合わす程に 後悔浸る

C **
咲いているとして散ることがある 枯れてしまえば
同情されても使い道が無いの 何も届かない

サビ **
嘘まみれの世界よ 泥だらけで最低な
病み上がりの愛なんて 要らないから ねぇ
声を荒立てた淫売(いんばい)が煩(わずら)いな
肌を合わす程に 後悔浸る

作詞始めました。
1から歌詞、歌詞当てどちらも
参加します!コラボ随時募集中です

御用の方はメッセージを
お送りくださいませ(三ФÅФ三)


'サムネ=アサノコ様'

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP