失恋(グミver.)

投稿日:2011/07/03 19:40:06 | 文字数:875文字 | 閲覧数:292 | カテゴリ:小説

ライセンス:

失恋シリーズ第3段。
やべーよ、これ。
全キャラやっちゃいそうだよ。
まぁ飽きたらシリーズ止めるけどね~
グミちゃん、俺がいるじゃないk((
次は流れ的にルキかな?
それか新しくリンちゃんかも。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 





「ミヤ♪」

私は双子の兄のミヤに声をかける。

双子でも同じクラスとかラッキーだよね!

「何?」

「私ね、ミヤのためにお弁当作ってきたの!」

「朝渡せば良かったのに。」

ミヤは素っ気なく返す。

「なんかこういうのいいじゃない?」

「グミ、お前は彼氏作れ。」

「嫌!ミヤが一番なの!!」
どうして分かってくれないの?

「俺よりもっとカッコイイヤツいるだろ?ほら、例えばあいつ。ルキとk」

「嫌。」

「即答かよ…」

ミヤが、好きなのに。

よりによって何でピンク男が…!

「ねぇねぇ、グミヤくんさぁ。」

メイトがグミヤに話しかけたことで私との会話は終わった。

何で気づいてくれないの。

私は、兄としてじゃなくて異性として好きなのに。

「グミちゃーん!」

「っぎゃっ!?」

「おはよっ♪」

「る、ルキくん…」

私はこのピンク男が苦手。
というか嫌い。

「今日もかわいいね!!」

「離してくれない?」

「あっ、ごめんね~」

タラシ。
軽さMAX。

私のミヤと正反対。

確かにミヤは惚れやすくてフラれ魔だけど、軽くもタラシでもない。

というか私のミヤと比べたらダメだ。

「グミちゃん今日さ、カラオケ行かない?」

「え~、今日は無理かな~」

今日も明日も一生こいつと一緒に居たくない。

「そっか、残念…」

ミヤを見てみると、ミクちゃんとメイトくんと話しているようだ。

「グミちゃん?」

呼んでいるのも気にせずあちらを見る。

「俺は何をすれば…」

きっと、自分でも言っているのに気付いてないだろう。

そのくらい、ミヤの声は小さかった。

逆に聞こえたこちらがおかしい。

「ミヤ…」

何回も失恋してきたミヤ。

でも今回はフラれたときの顔じゃない。

ミクちゃんを、思う哀しみの顔をしていた。

何で、私はミヤと双子なんだろう。

双子じゃなかったら今頃ミヤは私を愛してくれてたかな?

そんなありもしないことを考えながら、ミヤの寂しそうな背中を見ていた。






fin.

ご訪問感謝しまぁす♪

小説オンリーで投稿してます(^^)/
よろしくですm(__)m

サムネはmunyo様に描いて頂きました!
素敵な絵をありがとうございました!
◇依頼させて頂いたコラボ様◇
http://piapro.jp/collabo/?id=13198&piapro=6iserd0irsm3f770r2st2mmhk6&guid=on
◇munyo様◇
http://piapro.jp/my_page/?pid=munyo&piapro=6iserd0irsm3f770r2st2mmhk6&guid=on

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    失恋シリーズも悪くない。

    いや、グミちゃんには俺がいるじゃないk((

    結局誰と誰が付き合うんだ?
    気になる!

    2011/07/03 21:24:41 From  檸檬飴

  • userIcon

    ご意見・感想

    なんかハマるぞ失恋シリーズ!!
    グミちゃんは、グミヤばかり見てるけど、みんなグミちゃんのこと大好きなんだぞ!!

    次は一体誰?
    気になるO(≧▽≦)O
    続いちゃえ☆

    2011/07/03 20:50:42 From  魔熊

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP