流星-ナガレボシ-のうた。 〝始まりのうた。〟サン

投稿日:2009/08/05 17:10:51 | 文字数:1,214文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:小説

ライセンス:

つかれたー
感想くださいッ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 そのあと、2人はじっとミクを見たあと、2人でお話を始めてしまった。
 ミクはこれ以上話に入れず、2人をあとにした。
 次に話しかけてみたのは、窓側にいる青い髪の男の子。
 近づくと、ミクに気がついてこちらを向いた。
「こんにち……。」
 ミクが言いかけたところで、男の子は窓の方をむいてしまった。
 きょ、興味ももってくれない……!?
 ミクはくじけそうになりながらも、もう少しがんばってみることにした。
「何見てるの?」
 すると、男の子はそっぽを向いたまま言った。
「……別に。」
 答えてくれたくれたことが嬉しくって、ミクの表情はぱーっと明るくなった。
「ね、ねっ、名前っ。名前、なんて言うの?」
 ミクは男の子の机に手をついて、身をのりだす。
「カイト……。」
 男の子――カイトは、ぽつんとそう言った。
「そうなんだー。私はミクだよ。よろしくね!」
 そのあと、返事はなかったけど、ミクはとても嬉しかった。
 このまま、茶髪の子とも話せるといいなっ。
 茶髪の女の子の前に来ると、話しかけてみる。
「こんにちはー。私、ミクって言います。あなたはなんていうの?」
 笑顔で言ってみた。すると、茶髪の女の子は少しミクを見ただけで、窓の外に視線を移してしまった。もちろん、返事はない。
「うう……っ。な、何見てるの?」
 めげずに、また話しかけてみる。
「……。」
 返事はなかった。そのままの体勢で、ため息をつかれた。
「はあ……。」
 さすがに、めげた。
「ううっ。」
 ふらふらと歩いて、適当に陣取った自分の席へ戻る。
 やっていけるのかな、私……。
 ミクはため息をついて、立ち上がると、教室を出た。廊下を一直線に歩いていく。
 先生、私は無理です。生きていけません。ギブアップします。
 そう、言いに行こうとした。
 職員室までくると、ノックをして、「失礼します」と声をかけ、中に入った。そして先生を見つけ、近寄る。
「おー、どうした、初音。」
 先生は笑っていう。
「先生、ギブアップしてもいいっすか?」
 ため息混じりに言う。
「もう?」
「もう、じゃないです。随分と長い時間な気がします。」
「まあ、聞けって。」
 先生は何気にミクにプリントを渡しながら、立ち上がる。そして、職員室をでようとする。ミクもそれに続いた。
「あの教室にいるのは、クラスで浮いちゃったり、いじめられちゃったりした生徒たちなんだよ。」
 先生は、廊下を歩きながら言う。ミクにとって、逆戻りしていることになる。
「私もですか?」
 ミクは訊く。
「お前は……ちょっとな。んで、初音さ。」
 先生は立ち止まる。ミクも立ち止まった。
「はい?」
「幸せになること、しない?」
 そう言った先生は、何かを企んでいるように笑った。
「?」
 ミクが頭にはてなを浮かべる。
「あの子達のさ、友達になってやってくんない?」
 先生はそう言う。

双子ちゃんが大好きです。
鈴音。(りんね)と申します。

コラボしてくださる方も募集してます!
私は絵・歌詞・小説・アコギだけの作曲ができるので。
でも期待はしないでください、練習程度にはなるかなと;

あ、お友達も募集ー!


いろいろここでやる予定です。↓
http://herogt.blog129.fc2.com/
スカイプあり。
連絡取りたいかたはメッセください、id教えます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP