仮タイトル 君待ち唄

投稿日:2021/04/19 20:03:53 | 文字数:422文字 | 閲覧数:591 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

桜と人間の恋をイメージして作詞しました!
曲がとても綺麗なんです!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

流した涙のように落ちてく
桜は君をそう知ってる
どこかの誰かが人知れず泣いてた
僕はそう見ていたの

あなたは僕の知ってる誰より不思議
それがまだ何か知らなくて
明るく笑うのがそう只々眩しくて
春だと思っていたの

想いの丈はいつの日にかあなたに届くのでしょう
真っ直ぐにゆっくりと根を張り
袖振り君を迎え開く

僕は君にそう見つけて欲しくて
どうか一番に綺麗いたくて
君の側で巡りゆく春を見てたい
密かに静かに想ってる

誰かを待っている様なそう君は
僕からすれば意味不明で
だけれどいつしかそう僕も探していて
つまりそういう事だと

日を増して色を付けてゆく君が遠くなっていく
この波は容易く波打ち
ざわつき僕を攫ってく桜

君はどうか誰のものにならないで
瞳写した君は美しい
君のとなりいつも歩いていたくて
今でも今でも想ってる

僕は君にそう見つけて欲しくて
どうか一番にとなりいたいの
君の側で巡りゆく空見てたい
今でも今でも想ってる

ピアプロは素敵な曲が投稿されてるので、そんな曲に合う歌詞を作りたいです!。よろしくお願いします。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP