廃墟の王女

投稿日:2008/06/15 23:13:15 | 文字数:427文字 | 閲覧数:202 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

ドラゴンの名前は「ポチ」
爺の名前は「セバスチャン」
お姫様と一緒に呪いにかけられてるのです。
呪いを解く方法は、
城に入った客人がお姫様の手を取り城の外に連れていく事です。
しかし、既にどこから見ても立派な廃墟の城は、
「行ったら戻れない伝説の魔女の城」として
近所では既に古くからの伝説になってしまっているのです。
話に尾ヒレまで付いてw
ってな感じです。

そのうち勇者サイド編と解呪編の詞も作りたいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ようこそ まれびとよ
由緒正しき 我が城へ
さあさ爺 もてなしの用意を
秘蔵の茶を 淹れるが良い
猫舌だから よく冷ましてな

久方の 客人よ
素晴らしき わが国へ
咎人も 貧富謀反も無く
我と爺と この城だけ
手が回らぬで 荒れているがな

特別だ 異国の者
輝かしき 我が宝
これを見よ 素晴らしき王冠
わが身を飾る 宝石達
我が美貌には 敵わぬがな

どうした 無礼者
城を治める この我は
悪の魔女 などではないぞ
何と無礼な その剣を引け
さもなくばきっと 後悔するぞ

さらばだ 咎人よ
忠実なる 我がしもべ
ドラゴンの 雄姿を見よ
炎に焼かれ 天に召されよ 
剣を引けば 死にはすまいに

どうして 来る者に
我が身かかる 呪い解けぬ
ちいさき思い 呪いを砕き
我解き放ち 全て終わろうに
我が悲しみ 孤独終わらず

爺よ爺 我は眠る
次の稀人は いつの事か
国は滅び 城は朽ち 
呪いの囚人(めしうど) 幾星霜 
待ち続ける 廃墟の王女

業務連絡:自分のTXTは基本的に改変自由です。
     改変不可になっているTXTは投稿時の設定ミスです。申し訳ありません。

自己紹介
怪しい者ではないです。が、ちょっとおかしいかも…(ぇ!

自分の投稿物で楽しんだ人がいたら幸いです。
何かインスパイアされる物でもあれば本望です。

そんなわけでまあよろしくです。


現在、ボーカロイドにゃっぽんで活動中。はつねぎで冬眠中。

http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=288

http://hathunemiku.p.cmssquare.com/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=309

……現在、どちらもサイトが無くなってます……諸行無常……

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP