レンガの城の王様

投稿日:2010/09/17 03:31:25 | 文字数:447文字 | 閲覧数:366 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

それは残酷にハッピーエンド。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

レンガの城の王様は いちにち、ひとつを積み上げて
ばたつくはだしで 未来を蹴りあげる

残る臣下のめんどりは 積み上がるレンガ見上げて
届かない声で その名前を呼ぶの

明日は毎日やってくる 昨日は一度もやってこない
目を瞑った王様の 膝をつっつきたくてさ

なあ、聴いてほしいんだよ 金の卵は産めないから
隣にいたいだけなんだけど (きみはまた積み上げるだけ)


レンガの城の王様は ぱたりと、積み上げるのやめて
汚れた額を レンガにくっつけた

残る臣下のめんどりは 骨みたいな羽を広げ
もう出ない声で その名前を呼ぶの

言葉はなんにも意味はない 想いは一度も伝わらない
耳をふさぐ王様の 爪先に触れたくてさ

まあ、伝えられないんだよ があとしか言えないものだし
隣にいたいだけなんだけど (ぼくはもう飛べないみたい)


レンガの城の王様は とつぜん、お城を崩しだし
瓦礫のまんなか しあわせに眠った

残る臣下のめんどりは ちょうど真下に埋もれて
乾いたからだで しあわせに眠った

だらっとやってます。
サイトメインに移行気味。
名前を灯下箱、に変えました。

置いてある歌詞はNNI、ボカロ、ウタウ、営利じゃない限りはどれでもお好きにお使いくださいー。報告くだされば媒体自体はなんも気にしません。

http://www.nicovideo.jp/mylist/8748983
http://idea.futene.net/

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP