【中世風小説】Papillon 終

投稿日:2010/02/13 13:48:05 | 文字数:3,256文字 | 閲覧数:260 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ようやく、幼少期編が完結しました! 今回のお話はすでに幼少期でないけれど。
この続きも構想はあるのですが、新キャラに相応しいボカロがいないので、もうしばらく充填期間をもらいます。

-----
3/17追記
この作品を原作として、楽曲「PAPILLON」を制作中ですー。でも、この小説が唯一の解釈というわけではないので、楽曲とは別物としてみてくださっても大丈夫です。
楽曲が完成しましたらそちらの方も見てくだされば嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ミク、ルカ!」

 靴の音を高く響かせて、部屋の中へ入る。

「カイトはどこにいます?」

「んー? えっとねぇ……」

 ミクが、その辺をきょろきょろと見回した。部屋の中にいるわけでもないのに、きょろきょろしても意味ないと思う。
 可哀そうだから言わないけど。

 結局、カイトは未だに、騎士としてこの王宮に留まっている。
 婚約者の問題は何も解決していないし、結局カイトは前の婚約者であるミクのことが好きなのか、それともその次の婚約者だったメイコのことが好きなのか、あたしには分からない。本人たちが知っていればそれでいいんじゃないかと思う。
 今のところ、メイコの代わりにあたしが嫁ぐ、という線はないようだ。ミクがお父様を説得したという話も聞いたけれど、真相は定かではない。

「カイトに何の用なの?」

 ルカが、不思議そうに首を傾げる。
 まだ女王にはなっていないけれど、今じゃもう、国王よりも発言力があるかもしれない。
 未だに、レンを王にすべきだと主張する人はたくさんいるけれど、王宮の中での争いはあの日を境にとても小さくなった。
 もしかしたら皆、ここにレンがいたということすら、忘れてしまったのかもしれない。

「トーナメントに、連れていってもらおうと思いまして。お忍びで」

 あっけらかんと答えるあたしに、ルカもミクも呆然とした。当然だろう、そんなことを言い出したのは初めてだ。

「なんで、急に?」

 トーナメント。それは、騎士たちの戦い。本当に人が死ぬこともある競技。最近じゃ一騎打ちが主流だけど、ちょっと前までは本物の戦争をしていた。貴婦人たちが見学に行くのは珍しいことじゃない。

「団体戦をやるという噂を小耳に挟んだのです。面白そうだから見に行こうかと。一騎討ちは退屈ですわ」

「はぁ!?」

 ルカが立ち上がり、あたしの頬を思い切りつねって左右に引っ張った。

「痛い、痛いですって、ルカ!」

「何を言い出すかと思えば、この王女様は! 一騎討ち以外のトーナメントは禁止だって、教会もお父様も言ってるのに! あんたが行ってどうすんのよ、あんたが!」

「まぁまぁ」

 ミクが、苦笑しながらルカのことを止めてくれる。ひりひりする頬を撫でながら、涙ぐんでルカを見上げる。

「なんで、いきなりトーナメントなんて行こうと思ったの?」

 女神様のように優しい笑顔で、ミクが訊いてくれる。もう身長差はなくなったから、屈んだりはしていない。

「別に、なんとなく」

 頭のリボンをほどき、左の手首の傷に巻きつける。

「地獄に落ちるって言われてること、違法のこと。恐いもの見たさ、でしょうか」

 あたしが笑うと、ミクは少し怯えたような表情をした。そして、ミクはそっと視線を外す。

「いいでしょう? あたしがいくら我がまま言っても。どうせカイトも暇そうですしね。守る人、いなくなっちゃって」

「リン」

 ルカが、あたしの名前を呼んで止めようとする。

 仕方ないじゃない、もうこの場所に、この場所にいる大切な人々に、前ほどの愛情を感じられなくなってしまったんだから。
 彼がいないこの場所は、ミクやルカがどれだけ優しくしてくれても、残酷なだけだった。

 メイコ姉の部屋を、あたしは今も使っている。彼女の温もりを思い出して何度も泣いた。
 でも、それは三年も前のことだ。三年も経って、いまさらいちいち気にしてなんていられない。
 ……彼以外は。

「カイトなら、馬のところだと思う。行っておいて」

「ミク!」

 責めるように叫んだルカに、ミクは微笑んで黙らせる。

「ねぇ、リン。その噂って、」

「じゃああたし、カイトのところ行ってきますわ」

 ミクの言葉をさえぎって、あたしは二人に手を振る。続きは、どうしても言われたくなかった。

 あたしが聞いたのは、いわゆる「第一王女派」の人々の、機密情報。
 最近トーナメントに現れている、若いが筋のいい従騎士の話。彼らが見失ってしまった標的。

「絶対に……殺させたり、するものですか」

 あたしは、手首に巻きつけたリボンを噛んで、呟いた。

-----

「お土産かい?」

 店先に並べてある装飾品を見ていると、店主らしき人が、気さくに声をかけてくれた。

「あれ、それとも、自分の?」

 じーっと顔を見られて、一歩後ずさる。

「綺麗な顔だねぇ。でも、よく分からないね」

 よく分からないってどういう意味だ。いや、性別のことだって分かってるけど。
 むかついたので、店主の話を無視して、並べられている腕輪の一つを、手に取った。

 綺麗な金細工、宝石がついたもの、色々あるけれど、ただの従騎士に手が届くような値段ではない。手に取ったのは、安くてシンプルな、だけど女の子らしくて可愛らしいデザインのもの。

 自分の手首にのせて、サイズを見る。昔は、自分の身体で測って、全部ぴったりだった。でも、今はもう、どうだろうか。手首の太さなんて、男と女で同じだろうか。
 あの子の趣味は、これで合っているはず……でも、それももう、ずっと昔のこと。自分には買えないほど高価な装飾品を、彼女はもう、あふれるほど持っているはずだ。

「お客さん?」

 腕輪を元の場所に返そうとして、しかしうまく持てずに、滑り落ちた。それを持ったのが、右手であったために。

「あ……」

 今度は、左手で拾い直す。

「すみません。これ、買います」

 空が、蒼く広がる。穏やかな日常。
 こんな日々を、ずっと望んでいたのだと思う。神経をすり減らさずにいられる日々。

 それでも、思う。あの場所に帰りたいと。あの人のところに、帰りたいと。
 自分が捨てた場所なのに。もう、口に出すことすら許されないのに。

「そういえば、聞いたかい? 城主様の愛弟子が、ついに騎士に叙任されるんだってね。トーナメントでも負けなしだって話だったけど……。まぁ、団体戦だし、個人の強さはよく分からないけど。なんで一騎打ち出ないんだろう、金がいいからかな」

「さぁ……」

 曖昧に濁す。違法のものにしか出ない理由なら知っている。そっちの方が見つかりにくいから、だ。ただし、見つかってしまった場合のリスクは、格段に高い。
 それに、本当はトーナメントに出るほどの体力はどこにもない。あんなもの、好きで出てるわけじゃない。

「でも、女の騎士なんて久々に聞いたなぁ。やっぱり、城主様の末のお嬢様がすごく気に入ってるからかなぁ。あぁ、これはただの噂なんだけどね」

 噂ってすごいな……ほぼ当たってる。

「十六歳で叙任だろう? 小説みたいな話だよね。平均より四年も早いんだよ」

「たまたまじゃないんですか? 城主様の上のお嬢様の結婚式があるから、そのついでで、今回は結構な数の騎士を叙任するって聞きましたよ?」

「まぁ、運がよかったのかもしれないけれど。よほどの実力がなきゃ、ありえないだろう?」

 主人は、お釣りと商品を一緒に渡す。

「つけていくかい?」

 結局、性別の判断がつかなかったらしい。少し考えて、つけていくことにした。どうせ、渡す予定は永遠にない。
 受け取って、左手にはめようかと思ったものの、留め具をつけられず、また落としてしまった。

「随分不器用なんだね」

「まぁ、そんなところです」

 結局店主につけてもらって、城下の街を歩きだす。
 綺麗な街並み。溢れる笑顔。
 その中に、探し続けている人がいる。失わないために、失うしかなかった人。逃げることしかできなかった自分。

 左手につけられた二つの腕輪に、口づけて。

「さぁ……帰るか」

 待たせてあった愛馬の背を叩き、その背につけられた剣を腰にさす。手首に固定する紐のついた、自分だけの剣。
 背を向けた場所を振り返らずに、俺は街の中心にそびえたつ城へと踏み出した。

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP