歌姫の詩

投稿日:2013/08/16 20:36:14 | 文字数:786文字 | 閲覧数:2,728 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

曲も打ち込みもやり途中だけど、歌詞だけは出来てるので公開してみる。
意味不明って言われたらそれまでだけど
なんかボカロを初めて扱うにあたって「歌姫」みたいなイメージで
一曲作ってみたかったんですよね。

歌姫はリン。双子の片割れはレンで歌姫の傍にいた人がテト、に歌ってもらう予定。
テトのところしかできてない;
しかも伴奏がびみょみょみょみょー。

P名はらずりPでいきます。せっかく名前いただいたので!(そのままだけど!)

未だに「うた」と「うたう」の漢字変換に悩み中…むう。


-------------------------

20130816
四年の時を経てようやく動画投稿!
多分歌詞はそのままな気がします!ちゃんと見直してないですが!!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21587465

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

歌え歌姫 
それがお前に許された事だから
歌姫が思うのは 
故郷に残る-きょうだい-

* * * * *

昔遠い国に存在していた
歌謡いの一族
儲けた子供は二人
よく似た双子

ある日姫が攫われて
片割れ一人残された
心に吹く隙間風
彼女は傍にいない

「忘れてしまえ」「思い出すな」と
声が聞こえた
でも僕にはそんなことなど
出来はしないから

歌を謡った
彼女を忘れないため
彼女とまた出会うため
思いは何時までも
遠く長き日々
その時を待ち続ける

* * * * *

気づけば彼女は其処にいた
綺麗なのにいつも悲しい顔
仕方ないだってここは
人攫いの大道芸

彼女の歌には心に
響く何かがあった
けれど彼女が口にする
「私だけじゃ足りない」

「笑って欲しい」
きっとあなたの笑顔は素敵だから
だから泣かないで
私がこの手で何とかしてみせるから

でも座長は許さなかった
彼女の歌を手放すつもりはないと
私はいい
突き飛ばされても
でもどうか彼女だけは…

* * * * *

いつもの通り歌を謡う
それが私に許された事だから
広場を見渡して
言葉を紡ごうとした瞬間

見つけた姿 見間違うことない
私が会いたかった人
届いて私の歌
私に気づいて

「私はここにいるから」
初めて思いを込めて歌を形にした
「ずっとずっと会いたかったよ」
ただその一心で

歌を謡った
彼女の思いは
人々の心の底響いて
そこにいた彼にも
それは届いたから
そして彼は囁く

* * * * *

「もう大丈夫だよ」
そっと重なる声
【本当にいるんだね、そこに?】
「さあ謡おう」
「君と一緒に」
「もう一人じゃないから・・・」


二人は出会った
歌謡いの双子
座長も逃げ出し悪夢も終わる
もう離れないよ
ずっと一緒だから
この手は離さないから

君と共に私は生きていくから

Twitter - https://twitter.com/elazuri

鏡音リン、鏡音レンメインで 民族調ファンタジー物語音楽を書いてます。
投稿はちまちま。どちらかというとアルバムに楽曲収録してそのまま率が高いです。
絵も動画もやってます。たまにUTAU。テト大好き。
2018/11/25(鏡音ととせ)合わせで5thアルバムを出しました!

通販 - https://elazuri.booth.pm/
niconico - http://www.nicovideo.jp/user/1240486
PIAPRO - http://piapro.jp/elazuri
Pixiv - http://www.pixiv.net/member.php?id=3462
myList - http://www.nicovideo.jp/mylist/4710818

InfomationBlog - http://lzrp.indiesj.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP