唯我processor

投稿日:2012/07/29 23:00:56 | 文字数:1,130文字 | 閲覧数:418 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

おまえら みんな パイプダウン


===========================




ご依頼頂いたもの。



洒落にならんくらい難産だった上に、
プロットから3倍くらい暗喩が増えました。
いろいろと大丈夫か、俺。



語句:

・噤め → つぐめ

・数う → かぞう





蛇足:


・唯我プロセッサー。 プロパガンダでも良かったですね。今更ですが。
 オンリーマイプロセッサとか言うな。禁句だ。


・言葉での遣り取りは浮薄ですが、何でも阿吽の呼吸でわかるのも気色悪い。
 そんな主張を詰め込みすぎました。「貴方がいなくても、哀しくないわ」


・自身の命令によって動くってのが一番面倒くさいと思うのです。
 慣習とか伝統とか常識とか、普遍プロセッサは腐るほどあるので困りません。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

”do not love me , do not love me!
 when you're absent I'm not sad”


文明通り 進化論
買い集めた嘘の行く先は
行方知れず
当て所ない日の交差点


傾向 淘汰 sympathy
”意味が無い”意味のアプリオリ
息をとめて
袖打ち払う陰も無い花の痕


our coins and tickets on the table of craps
羊飼いを見張る羊飼いの目
進行方向 挫折知らず 人はたえて
気付けば道連れ
錆びた20秒


”laugh and the world laughs with me
 weep and I weep alone”
黙れ噤め恋の歌
何を並べたって退屈で
”do not love me, do not love me!
 when you're absent i'm not sad”
おいで おかえり 白い夢
何を忘れたって退屈だ




oils and flints and nuts
結果無価値 恫喝 ボーダーライン
君のように
なれたらって嘲う嘘


先行投資 一夜の値
蜂蜜色の手 モノポリー
僕を賭けて 結局は
得る者のない宴の後


urban cyclops never says about his sight
all of my room is only bottles and cigarettes
真相審理 後悔の過渡期の中で
天蓋の模様を数う12分


”laugh and the world laughs with me
 weep and I weep alone”
ゆがめひずめ肌の青
何を重ねたって退屈だ
”do not love me, do not love me!
 when you're absent i'm not sad”
それじゃ さよなら 走馬灯
何をゆだねたって退屈で



someone says “lovely” for me
another says “charming” for me
ああそう さよなら 有象無象
100年聴いても退屈だ
“hold your tongue and just pipe down
what is the use of your cheap words”
歪め噤め 白昼夢
現実なんて全部退屈だ


右から左へ抜けていく感情
記号の羅列なんか 興味ない



”do not love me, do not love me!
 when you're absent i'm not sad”
そして おやすみ 白い夢
何か歌うよりは まだマシだ

*この人物の書く詞は重大な間違い英語である危険性があります
*予めご了承下さい
*間違っている箇所の指摘はいつでも大歓迎です



“The razor's a delusion,” he said.
“The razor's no defense. Anybody can cut you with a razor.
 If you're close enough to cut them they're bound to cut you.
 If you could have a pillow in your left hand you'd be all right.
 But where you going to get a pillow when you need a razor?
 Who you going to cut in bed?
 The razor's a delusion, Jimmy.”
===========================

”カミソリってのは、一つの幻想に過ぎない” そう彼は言った。
”カミソリじゃ身を守ることはできない。
誰だってカミソリさえありゃ切りかかることができるからな。
誰かを切ろうとするってことは、切られても仕方ないくらい近づかなきゃならん。
左手に枕でも持ってりゃ安全だが、カミソリで斬り合おうって時に
どこで枕なんか手に入るね? ベッドで切り合うわけじゃなし。
カミソリなんて幻想に過ぎないのさ、ジミー”


(Ernest Hemingway "the porter")

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    イラストを描いたものです。とても私の大好きな世界観でした! 英語しゃべっているリンちゃんとても可愛いです/// 素敵な歌詞をありがとうございました!!

    2012/08/15 22:00:01 From  梓紗ちせ@改名

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >TRFハニカム さん

    こちらこそご使用ありがとうございました
    お褒めに与り恐縮です
    英語ばかりの厄介な歌詞屋ですが今後もよろしくお願いします


    >Azrin さん

    初めまして chu-jiと申します
    暖かなコメント痛み入ります
    美麗なイラストに到底及ばない歌詞で恥じ入るばかりです
    こちらこそありがとうございました

    2012/08/19 11:21:24 chu-ji

  • userIcon

    使わせてもらいました

    使わさせてもらいました。
    chu-jiさんの歌詞やっぱカッコイイです!
    安心して使えるし流石です。
    ありがとうございました。

    2012/08/11 22:07:05 From  TRFハニカム

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >TRFハニカム さん

    こちらこそご使用ありがとうございました
    お褒めに与り恐縮です
    英語ばかりの厄介な歌詞屋ですが今後もよろしくお願いします


    >Azrin さん

    初めまして chu-jiと申します
    暖かなコメント痛み入ります
    美麗なイラストに到底及ばない歌詞で恥じ入るばかりです
    こちらこそありがとうございました

    2012/08/19 11:21:24 chu-ji

  • 唯我processor

    by TRFハニカムさん

もっと見る

▲TOP