賢き囚人のジレンマ

投稿日:2011/09/05 22:04:39 | 文字数:921文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

+自作曲の歌詞ですがお使いになりたくばまあご自由に煮たり焼いたりどうぞ。 
+動画の補足が目的なので、文字にルビが振ってあったり散文が混ざってたりします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


”とある殺人事件に容疑者が2人。
 2人は賢く品行方正、
 「まさか嘘だ」と人は言う。
 おまけに確たる証拠もない。
 何としても手柄を上げたい警官は、
 こんな話を切り出した。”


貴方に選ぶ権利を
自白(おしゃべり)か黙秘(だんまり)か
黙秘は罪と知りなさい
互いに口を噤めば
二人に二年の(ひとしき)罰を

けれども貴方が自白して
そうしてあの子が黙るなら
貴方に一年(すこし)、あの子に十五年(たくさん)
痛い目見せましょう

囚人のジレンマ 疑え
あの子は敵なのだ
信じて 口を閉ざしたら
泥をかぶるのは君一人

「僕の罪を告白します」


”容疑者達はまるで兄弟のように育っており、
 互いに信頼し合っていた。
 猜疑心を呼び起こす卑怯な交渉に屈し、
 裏切り合うことはないはずだった。
 だからその結末は、
 彼らが良心に耐えきれなかったためだと
 人々は解釈している。”


貴方に選ぶ権利を
自白(はきだす)か黙秘(のみこむ)か
早く楽になりたいでしょう
互いに口を緩めて
仲よく十年の鎖(てじょうをはめましょ)

けれどもあの子が自白して
そうして貴方が黙るなら
あの子に一年(すこし)、貴方に十五年(たくさん)
お仕置きいたしましょう

囚人のジレンマ 信じろ
あの子は味方だと
疑い 口を開いたら
信じた時より重い罪

「私は罪を犯しました」

”判決は2人が共犯で有るとし、
 互いに懲役10年の刑が課せられた。
 しかし未だに決定的な物証は出てこない。
 その事実に警官は頭を抱え続ける。”

囚人のジレンマ 疑え
賢き容疑者を
四つに一つの選択を
何故彼らは間違えた?

囚人のジレンマ 
答えは未だに見つからず
思考の檻に囚われた
憐れな一人が残るのみ


”本当のことを言うと事件の犯人は他にいた。
 それは容疑者Aの姉。
 容疑者Aは姉を庇いたくて虚偽の自白をしたのだ。
 そうして容疑者Bは容疑者Aに恋心を抱いていた。
 彼と同じだけの罪を、容疑者Bは負いたかった。
 そんなことなど露知らず、警官は今日も悩み続ける。
 解けない疑問に縛られた警官の苦悩こそが…。”


――賢き囚人のジレンマ――

はじめまして、鳥野ささみと申します。

曲→嬉:歌ってみた 喜:イメージイラスト等 ひゃっほう:コメント
絵→自由:リサイズ色調補正一部使用等
歌詞→楽:曲付け歓喜

そんなフリーダムな感じです。


ピアプロ歴は2008年の1月くらいから。

遍歴
歌詞と落書きの人→動画の人→音楽の人

マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/5294102

コラボ企画「桜ファンタジア」動画リメイク版完成しました!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2426398


*近況報告
あんまりいません。倫理やら良識やらに触れない範囲でご自由にどうぞ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP