嗚呼とうとう降り出した 冷たく白い 雪の粒々が 
いつもの帰り道 の上に雪が 降り注いでいるわ

冬のある日家へと 帰りを急いでいたの 
いつの間にか気温が こんなに下がっていたんだろうと
雪が降っても おかしくないわね そんな事を考えていると
嗚呼とうとう降り出した 冷たく白い 雪の粒々が
いつもの帰り道 の上に雪が 降り注いでいるわ

今しがたにこの雪 降り始めたようだから 
今急いで帰って しまった方がいいんだけど
少しだけなら この雪景色を 眺めてもいいかなと感じる
嗚呼益々降ってくる 冷たく白い 雪の粒々が
いつもの帰り道 の上に雪が 降り注いでいるわ

見上げると空の彼方の雲 降らせているわ雪を
一面の雪見渡してると 童心に帰るかも
嗚呼とうとう降り出した 冷たく白い 雪の粒々が
いつもの帰り道 の上に雪が 降り注いでいるわ
見上げると空の彼方の雲 降らせているわ雪を
一面の雪見渡してると 童心に帰るよう

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい
  • オリジナルライセンス

家路の雪

かぎしっぽさんの曲への歌詞応募です。
https://piapro.jp/t/Sjrh

閲覧数:104

投稿日:2023/01/19 18:24:01

文字数:414文字

カテゴリ:歌詞

クリップボードにコピーしました