longing

投稿日:2022/05/10 23:08:37 | 文字数:513文字 | 閲覧数:11 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

36度の平熱に目眩がして
朝と夜を平凡にグルグルと
変わらない景色に嫌気がさして
吐き出す息が真っ白になる

maybe longing
もう戻れないんだ
きっと大丈夫
いつか そこにたどり着くから

なれない想いを
めいいっぱい抱いて
止まない雨を掻き分けて手を伸ばして
きっと未来が僕らを描くから
諦めるのはまだ早いだろ
進め 進め 君の道を

38度の高熱にうなされて
夢に悩み感情がボロボロで
変われない心に嫌味を零し
滲んだ色が真っ黒になる

maybe longing
ただ追いつけないや
きっと大丈夫
言葉 ここで宙を舞っていた

なれない想いを
もう何回紡いで
止まない雨に呑まれては手を伸ばした
きっと今日が僕らを嗤うから
続けるのはもう終わりだ
進め 進め 僕の心

止まない雨が酷くなるごとに
あの日の失敗が繰り返し頭を回る
そんな弱さに負けそうな時は
どれだけ遅くても前に進めればいい

なれない想いを
めいいっぱい抱いて
止まない雨を晴れにして顔を上げて
きっと未来は僕らが掴むから
諦めるのはもう遅いだろ
進め 進め 君の道を

誰かになんと言われたって
君は君を描いて
君にしか作れない物語がある

音楽が好きです

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP