花ひとつ

投稿日:2018/11/18 16:41:39 | 文字数:249文字 | 閲覧数:234 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

女性ボカロのバラード調のイメージです。
字脚は前のバージョンにあります。参考になれば。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風に揺れるひとひら 手のひらに集めて
二度と失くさないように 胸に秘めた

重ねた想いの愛しさを 忘れたふりして
柔らかな春を数えてた 見付けた先のその先へ

ただね 咲かせていく言葉は 泣いた幼子が笑えるように
祈る誓いのその果てに 小さな花ひとつ

いくつ時繰り返し 零れてく言葉を
ひとつひとつ掬い上げ しまい込んだ

与えた想いの愚かしさ 忘れぬようにと
あなただけ笑う夢を見た 流れた涙道連れに

ただね 乾いていく心に 焼いて焦がしては留まるように
紡ぐ言葉のその果てに 遺した花ひとつ

跡地

プロフのアイコンはnuさんに作って頂きました。

引っ越し先→https://piapro.jp/kotoyuka

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    はじめまして。雨宮と申します。

    こちらの詞をお借りして曲を作らせて頂きました。
    https://piapro.jp/t/ayTC

    ありがとうございました。

    2019/07/13 22:16:43 From  雨宮鷹通

  • 花ひとつ

    by 雨宮鷹通さん

▲TOP