(no title)

投稿日:2012/03/03 14:49:05 | 文字数:475文字 | 閲覧数:112 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

タイトルは未定ですが…デュエットで。
AA'1,2番およびSの()、Cの前半が男性パート
BSの()以外とCの後半、ラストのAが女性パートです。

※ピアプロ外部へ公開する場合はライセンス条件をご参照ください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
”ひとりでも生きてゆける”なんて
 強がっていた僕の隣で

"繋げる手があることは 素敵だ" と云う

A'
柔らかなその手のぬくもりは
 僕よりも少しだけ高くて
なんだかくすぐったいんだよ
 でも何故か離したくはない

B
哀しみを 支えきれないときは呼【ん】で
 たとえ非力だとしても 僕が
一緒だよ 

S
力は強くないけど 想いは無限で
 君を(僕を)支えるよ
不可能はないね


A”
ふたりで過ごせる日々はきっと
 あっと言う間に過ぎていくんだ
巻き戻せないからこそ
 大切にしなきゃだね

B
幸せは ひとり占めしちゃダメなの
 わかち合える誰かが いないと
意味ないよ

S’
限られた時間のなか 想い出は永遠
 ひとつ(ひとつ)貼りつける
僕たちのアルバムへ

C
君が作ったケーキがしょっぱい…なんで?
 流す涙を甘くすればいいよ

S
不器用で、か弱くても 想いは無限で
 君を(僕を)支えるよ
不可能はないね 

A
ひとりでは生きていけないよ
 君をあの場所で見つけてから…
照れ隠しでうつむいて
 いま君に ありがとう

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP