【初音ミク】サマータイムブルー【オリジナル曲】 歌詞

投稿日:2019/07/20 13:18:32 | 文字数:544文字 | 閲覧数:6 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

サマータイムブルーの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サマータイムブルー




Ah 夏が始まった


蒸しあがりそうな

ほどの熱い(規制音)をしないかい

喉が潰れるくらい

叫びたくって 叫びたくって


肌の熱も感じないぐらい惑わせて

一生に一度の恋してみたい。


Ah 夏が始まった

始まってしまったいやいや 嫌々 いつの間にか

もう こんな季節で

何も決まっていないない 否々

今年こそは絶対離さないから


まず何しようか

夏っぽいことしないか

肌が焼けるくらい

遊びたくって 遊びたくって


肌の熱を感じないぐらい寄り合って

一生に一度の恋してみよう


Ah 夏が始まった

始まってしまったいやいや 嫌々 いつの間にか

もう こんな時間で

何もやっていないな 否々

K(onya) 君を絶対離さないから


Ah 夏に始まった

この事は絶対いやいや 云や云や 忘れないで

もう こんな季節か

懐かしんでいないない ないないで

これからでしょ まだまだお(わらないから)


Ah 夏が終わるのが

寂しいなんて思ってないない 否々 楽しかった

もう この夏はこない

忘れないでいたいやいや 嫌々

夢のような

日々が続けばいいのにな

夏が終わってしまっても

絶対離さないから

ニコニコ動画・YouTubeにボカロオリジナル曲を投稿しています。
こちらには投稿したボカロオリジナル曲のoff vocal、歌詞を掲載しています。
ご意見ご要望などは以下のメールアドレスにお願いいたします。
hana20.871@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】サマータイムブルー【オリジナル曲】 off vocal

    by hana20さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP