cosmos

投稿日:2016/02/14 17:09:03 | 文字数:385文字 | 閲覧数:38 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

心を込めて書いたので、読んでもらえると幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

眺める明日は 手が届くみたいで
今日をやり過ごすの

時の流れの ように君も過ぎて
ぼやけてる関係

夜明け前 望遠鏡を取り出してさ
憮然とした態度を取る今日に ピントを合わせ

星明かり 纏って
星表を なぞっていく
私にも満天の未来(そら)魅せて

ガリレオの 探査機
君だけを つぶさに
観測の機能は置いて

手招く昨日が 振り返るとそこに
今日を歩みたいの

確かに鳴った スタートの合図は
おぼろげな記憶で

陽は沈み 靴紐を結び直してさ
あの記憶のような月に今日も 想いを馳せて

月明り 羽織って
満月に 駆けっていく
力が満たされると月欠けて

安定の 曇天
付き纏う 私の上の空
そこには無くて

星明かり 纏って
星表を 辿っていく
私にも満天の未来(そら)魅せて

ガリレオの 探査機
君だけを つぶさに
観測の機能は置いて

不要な 昨日は置いて

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP