怖がりの俺[曲募集中!]

投稿日:2010/03/01 15:51:01 | 文字数:308文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 急に浮かんだ一フレーズ目に合わせて書き上げた詩です。

 なんか、まとまりが無い上に短くてすいません((泣
 題名もなんかキモくてすいません((涙

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

怖がりの俺



俺が朽ちてく夢を見た 醜い心だけ残る夢
もがいても足掻いてみても 体は動かなくて

疲れたとぼやいてばかり そのくせ死ぬのは怖かった
届かない自由の空 手を伸ばしたまま

この右手で掴むもの 小さすぎてこぼれ落ちた
目が覚めて気付いたんだ 頬を伝う涙に


一人きりで目が覚めた ただ怖くて叫んでたんだ
何もない時間の中で 朽ちてく抗えない

ありえないと決め付けた日々 失くした心と歩む道
届かない自由の空 手を伸ばしたまま

この右手が触れるもの か細すぎて掠れて消えた
目が覚めて思ったんだ 俺はこれでいいのか
この心で感じたもの どれもきっと今には無い
目が覚めて感じたんだ 俺の偽の現実

 どうもです。

 このサイトには、歌詞のみを投稿したいと思います。
 私が学校や家庭で感じたことを、歌詞風に表現したものです。内容はまちまちですが、恋愛・友情に関することや季節感を重視したものが多いです。
 素直な気持ちを綴ったものなので、ぜひ読んで下さい。読んで下さった人の心境に、何か変化をもたらすことができたら幸いです。


 曲を作ってくださる方がいましたら、作ってくださると感激です!!!


 この歌詞は、他サイトでも掲載しています。
 また、そのサイトでは、私が書いた小説を連載しているので・・・
 そちらのほうも読んでいただけたら幸いです。
 検索サイトで『まゆごころ』と打ち込んでいただければ・・・・・・・・・((汗


 こんなことを書いてよかったのかはわかりませんが、どうぞよろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP