ちいさなワガママ

投稿日:2012/04/16 00:32:14 | 文字数:542文字 | 閲覧数:144 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

fundamental colors氏の3/25付け投稿作品 「【歌詞募集中】step(仮)【 ~04/15まで】」[http://piapro.jp/t/v6Su]よりインスパイアされて書いた歌詞です。

・後ほど追記します。

※ 前のバーションに読み仮名を置いておきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風はまだ少し冷たい 街が見渡せる道を歩くゆっくりと
片手に持ったプレイヤー 好きだった歌不意に流れてきたよ

飛行機雲を見つける度 ずっと目で追いかけちゃうクセ治らない

同じ景色帰り道 肩を並べて歩くだけの幸せ
いつのまにか アナタが見つめる空が少し高くなったの

早足になっていく鼓動 追い付きたくて追い付けなくて

アナタがみてた夜空は何よりも輝く星瞬いてそれは綺麗だった
アナタが夢見た未来にそっと寄り添えればよかった
なんてね 小さなワガママをポツリ

風の強い帰り道 肩越しにみるアナタの顔覗く
嬉しそうに語る事 夢の中にアタシ入る隙もなく

ふいに零れた何かにつられて抑えてた感情が溢れて

アナタが抱き止めた時にずっとこのままでなんて
思ったけど そんなの無理で
アナタとアタシの間に一つだけ約束をして
お互い 違う行き先を決めた

変わりゆく街並みの中で 変わらない想いのまま進み出す

アタシが歩くセカイとアナタの進むセカイが交わっていなくたって
いつかまたどこかで変わらない笑顔で逢えればいいと
この小指に込めた願いずっと抱え
アナタとみてた夜空は何よりも輝く星瞬いてそれは綺麗だった
アナタが夢叶えた時にふと思い出してくれたら
なんてね 小さなワガママをポツリ

おはこんにばんは。
こんな味気ない自分のプロフィールを覗いていただき、ありがとうございます。
パソコン使い始めて何年目、勢いでリン・レンを買ったはいいが操作諸々が分からなくて涙目のPhi-LIONと申します。
名前の意味合い的には『哲学的なライオン』という多少(?)不釣り合いな名義を使用してます(検索してみると外国の別人がヒットする不思議)。

先記にも話した通り、リン・レンを買ったんですがやり方がワケワカメ。
そもそもDTMの知識も重箱の隅突く程度しかないという…。
そんな自分でも優しく包んでくれるピアプロが大好きです(キモッ)。
…なんてボケはこの辺にして、そういった自分でも何とかVOCALOID音楽に関われないかと模索して、今現在は歌詞制作を中心にこちらで活動しております。
後々は自分で作詞作曲して作品を手掛けていきたいなとは企てているんですが・・・

一応、歌詞としては曲のイメージを中心に構えつつも、恋愛から自由や未来を語る詩や日常ほのぼの路線とか色々書けると思います。
時には風刺的に過激にダークに攻めさせてもらう時もありますがね…ヘッヘッヘッ(何キャラだ!?)

とりあえず、音楽カテゴリで歌詞を募集している方々はほぼ100%ブクマして歌詞提供を企てたりしたいんで、そこんとこよろしくお願いします。
ちなみにVOCALOID関連以外でも趣味で詩を量産しているので、興味のある方はこちらまでご覧ください(最近少し放置気味で申し訳わけないんですが…)。

[P.H.S.EACH-Electro ACt Home-](Phi-LION SIDEへどうぞ)
http://id23.fm-p.jp/14/philion/index.php?
[PENCIL-HB](blogです。あんまピアプロ関係ないですが)
http://hayato96.blog44.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    Phi-L!ONさま

    このたびはstep(仮)(http://piapro.jp/t/v6Su)へのご応募、ありがとうございます。

    今回、応募者多数であったため選考に選考を重ねた結果
    Phi-L!ONさまの作品「ちいさなワガママ」の採用は、見送らせていただくこととなりました。

    内容はとても素敵だったのですが、「アナタ」という単語を少々使い過ぎかな、と感じました。

    今後も皆様に気に入っていただけるような作品を公開してまいりますので
    次回も、もし気に入っていただけるような曲がありましたら、是非ご応募いただければと思います。

    お忙しいところ、ありがとうございました。

    2012/04/18 00:06:54 From  fundamental colors

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP