ぼや

投稿日:2019/03/30 00:53:51 | 文字数:343文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

貼りつけた同情をひっぺがした爪には血
真似事なんだ全部 身体ごと借りても
納得いかない 誰も笑ってくれない
ようにできてる
病みつきな情動欲しいね 確か昨夜(ゆうべ)の火事
あれこそきっと来るのを望んでいた
あぁ ろくでなしだ どこで間違ったんだろうな
聞いちゃいない

持ち腐れる方がずっとマシな位に
すり減って すりきれた靴を見ている 底を見ている

贅沢なほどに 擬き共にそやされ
手遅れみたいな何かを
運ぶ煙草と火の車 鎮める歌

ゴミ捨て場の少女 ギって犯した罪の味
戯れ言なんざ全部 独り言 吐いても
待ってくれない 誰も待ってくれない
紅色を零した時代

計画などとうに 無謀に この檻の中で
出遅れみたいな夜中を
囲んだ魔法と実を結んだ 熱に上げる掌は
蓮の台(うてな)

人間です 普段はTwitterにいます
@S0t4o1n6e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP