狂鬼演舞

投稿日:2016/10/10 14:41:50 | 文字数:418文字 | 閲覧数:188 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月の光揺らめきて
神場(しんじょう)を歩くは誰ぞ
シャラリ響き渡る
鎮静の鈴の音散り
踊りて候

今のこの緩(おだ)やかな幸福は
誰かの犠牲がある事忘れるなかれ

さあ

踊れ 踊れ 踊りたまいて
彷徨えし御霊(みたま)を導きたまえ
歌え 歌え 歌い奉(たてまつ)れよ
今宵御霊還られん
眠れ 眠れ 苦しみ忘れ
安らかなる眠りを与えたまえ
神の 御許(みもと) 昇り辿り付いて
汝の御霊浄化せん

鬼が喰らいて欠けた月
神ノ儀(かみのぎ)にはちょうど良きかな
修羅の頭(かしら)模(も)した
盤石(ばんじゃく)の御姿(みすがた)にて
参りて候

今のこの緩(おだ)やかな人生は
有限の流れに存ずると忘れるなかれ

さあ

踊り 踊り 踊りたまいて
不浄の御霊(みたま)を御救いたまえ
歌え 歌え 歌い奉(たてまつ)れよ
今宵巫女は舞いられん
眠れ 眠れ 悲しみ忘れ
永遠なる眠りを与えたまえ
輪廻 巡り 愛し君と出会い
何度も縁重ねてく

だいたいいつもリアルのトラブルにより少々ドタバタ中。
作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP