【東方ボカラップ曲】『The NeverEvening Story』【初潮コンピ】

投稿日:2016/08/24 08:14:12 | 文字数:901文字 | 閲覧数:139 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

2016年~
5月8日(日)-「例大祭13」にて頒布
<東方初潮コンピ ~ 幼女が少女になる日 ~>
『02. The NeverEvening Story』【Disc2】
Mimosine(熱平衡P) feat.v flower,YOHIOloid / U.N.オーエンは彼女なのか? × 亡き王女の為のセプテット
http://osayou.net/tokusetu/syotyou/index.html

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『The NeverEvening Story』


「人間」はいつ死ぬんだろうか
自棄に日蔭に避けて居るとさ

もしも死んだら私は何処に行く?
浅はか朝まで奈落を考え

そんな運命究明せずとも
実際問題死んだら分かる

答え無き日々にヘイトスピーチ
まだ"生きたい"とは思えない所存

そして「空想に明け暮れる」結論
このまま脳ミソ腐ってしまいそうかな…

限られた私の余生と共に
君と生前の世界で笑い

それまでに幸せな生き方見つけて
両手いっぱいの花束を渡したい

最期の日記に綴られた遺言
ラストスペル告げる弔鐘が鳴る

You never said me "flan, good mooning"

世界中がいつも
キラキラしてるから
重い扉を開けてみたよ

外で駆けっこしてると
楽しいんだね
一人ぼっちは心細いけど

もしも大切なものを
失ったとしても
そう想える日々を
閉ざさないでいて

思い出がどんなに
眩しく見えても
取り戻せる力は
何処にも無くて

300年のブランク抜け出せフラン!
まずは仕事からフランクに始めて

一心不乱に働く人を
舐めてる頭がおフランスな人形?

波瀾万丈も良いんじゃないかな
甘えて育った受難と苦行

若い頃レールから外れた人生が
回りまわって襟首を絞める

巫女のバイトから始めてみるよ
お守りを売る阿漕な商売

中身は木の板と紙しか無いけど
誰かの幸せが叶うんだってさ

そんなこと考えたこと一度もないや
ふとアイツの面影が思い浮かび

古びた墓地に花束を添えた
死後の世界では暗闇なのかな?

願わくば穏やかな白昼夢の中で
あるいは思い出という永遠の不夜城で

やっと陽の元へ出られたんだ
記憶の片隅で君は笑ってくれた

Moon night shade me, in my room lonely

――君と居る景色は、光り輝いていた

Where the sun, seek light, I haven't glory

あなたの瞳に映る、今を照らして――

See you again, let's search for shining

ニコラップ素材販売の為の歌い手募集中(2018春M3)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/16

もっと見る

▲TOP