ローレライ/初音ミクオリジナル

投稿日:2019/10/29 21:39:41 | 文字数:385文字 | 閲覧数:165 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ローレライ

午前二時三分
ふらついた足で町を歩いた
不意に吐いた息がふわり浮かんだ
正義とか愛とか
そんな事なんて如何でも好いんだ
綺麗な夢だけを見ていたかった

理想論ばっかだ
現実は常に薄情だった
つまらない歌唄いだと言われた
捨てるなら声だと
あの日から疑いもしなかった
貴方の声だけを聴いていたんだ

消えないのは町を焼いた月明り

言いたいのだ、後悔をもう全部
もうずっと声も出せない貴方の事
痛いのだ、この胸がもう全部
もうずっと声も出せない私の所為だ

最悪だ、そうだろ
結局貴方の声を奪った
息を吸う度に心が軋んだ
生活が如何とか
そんなの今更如何でも好いんだ
九月の町を今も憶えている

あぁ

消えないのはあの日書いた手紙だけ

言いたいのだ、後悔をもう全部
想像は言い訳だけのゴミの山だ
痛いのだ、この胸がもう全部
人生の終わりに君の声が聴きたい

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP