ブラック・エンドロール

投稿日:2014/06/24 01:05:43 | 文字数:768文字 | 閲覧数:94 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

字数合わせがあまり出来ていませんが、初投稿として意味的にも近いので少し無視しました。
崩壊して始まる新たな世界の夜明け前のイメージです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

新しい風が夜になびく
明け方までもう少し

日付は変わった世界の
変遷を眺めていた


肩を震わせて
見た雪よりも
新鮮な感動を
君もいれば完璧なのに

黒い夢から醒めた
無邪気な運命に
何を賭けて捧げて
今ここにいるんだろう


星空ごと喰らい尽くした
破壊の混沌からの朝焼け

何も無くなり空ろな
腐敗した場面を予期した
けれど、平らになりすぎた
世界に美しさが残る

足りなすぎたら
それはそれで、
それはそれは、
満たされていた

歪な滑稽な世界が
影を作り静かに起き出す

新たな時を刻み


不変したかった泡沫は
途切れて弾けた
代償として融けた
終わりを悼む人知らず

新しい世界を向かえる
鎮魂歌に似た目覚めの詩

響かせた不透明なオト


いつだって世界は無表情で
何かを見下ろしてる
この地上にカミサマか
シニガミでもいるのかな

星空が消え始めた
新たな世界が拓く
凪ぎきった空気が
微かに流れていく

舌足らずな口遊みを


項垂れた陰に
光が侵食を始める

終わりきったはずの
シナリオに文字が記されていく


黒い夢が人を奪い
助け守るように融ける
解けた無垢な願いも
神秘的に飲まれた

羽ばたく薄汚れた鳥
力強く最初を飛ぶ
艶やかでもないが
眼を奪われそうだ

何かも奪い取って
贄にした世界は残りに

何を求める


君に上げようとしたものは
何を考えていたっけ
失い忘れた誰かへの
記憶をいつまで護れる

死にもの狂いで
蹴り出す瓦礫に
幾つの思い出を
置いていけれるの

汚したようで
汚していない
双つの手で
残像を握る

崩壊していくオトが止む


新しい風が夜になびく
まだ黒い空に朝が

日付は変わった世界の
変遷を終え向かえた

黒い夢の終章から
抜け出したその後へ

僕は蹴り出し飛んだ

アイコンは、もふるおさん に描いて頂きました。Twitter @moghluo
ヘッダーは、haineko さんに描いて頂きました。Twitter @shino1997
意外と惑わせていて、罪悪感を感じるので…。
りくりくりは男性です。
もう少し(いつまでも?)初心者です。
歌詞とSS(歌詞もどき)を創作しています。
基本的に投稿している作詞は作曲・イラスト募集をしているものです。

ただ、自由に歌詞を書くと長くなりすぎる傾向がありますので、しにくいと思われますが。・・・短くなるように精進中であります。
気に留めていただけたら幸いです。

遅ればせながら、Twitter始めました。
@rikulikuri

そして、何故か…。
音遊びを始めてしまいました………!?

お家には、v_flower(v4)、夢眠ねむ、兎眠りおん(v4)、心華(v4 日本語)、蒼姫ラピス、MEIKO(v3)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP