【小説】wo R ld's end 10

投稿日:2010/05/14 22:40:23 | 文字数:3,011文字 | 閲覧数:237 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前の小説更新から二ヶ月近く……!?
びっくりですね。自分の本職完全に忘れてるよ。
小説書くのも二ヶ月ぶりだし、新規投稿も一カ月くらいやってなかったらしくて、どちらもホント、何が何やら……(苦笑)
設定もかなり忘れてしまってるので、季節設定違うかもしれないです;

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「はい、OK!」

 あたしは、レンとルカ姉の撮影を見ながら、腕時計を確認した。早く終わればいいのに、と心の中で繰り返す。
 問題のシーンの撮影はどうしても見たくなくて、カイト兄に泣きついた。カイト兄がレンとルカ姉のマネージャーを数日間引き受けてくれて、あたしはその間ずっとミク姉のサポートをしていた。不機嫌なあたしと一緒にいる破目になったミク姉は、呆れた顔で言った。

「まったく、こんな回りくどいことする前に、さっさとやることやっちゃえばいいのに」

 思い出してしまった言葉を、頭ごとぶんぶんと振り払う。やることってなんだ、やることって。
 撮影も佳境に入ってきたけれど、撮影が終わってもプロモーションがあるし、あたしとレンが一緒にいる時間が増える予定はない。でも昨日、レンは笑いながら言ってくれた。

「明日の撮影が終わったら、遊びに行こうか」

 二人の外見は確かに目立つけれど、双子だと勘違いされているから、多少のことではスキャンダルになったりしない。
 今ほど売れていなかった頃は、頻繁に繁華街へ出かけていたのだ。ただ、中学生だから、夜はNGなのだけれど。

 なかなか終わらない撮影を横目に、あたしは翌日の予定をチェックし始める。
 レンは久々のお休みで、ルカ姉だけどこだかのロケ地で撮影の続きがある。メイコ姉はその手伝い。ミク姉は歌番組とバラエティーへのゲスト出演があって、カイト兄がその手伝い。あたしは翌週に迫っている中間テストのために勉強。

 レンは先週、撮影をしながらテストを乗り切った。テストのおかげで宿題が出ないから楽だとか、あたしには理解もできないことを言っていた。
 そんなレンと違ってあたしは、休みを入れてもらわないと進級も危うい。
 ――なんて、義務教育だからさすがに大丈夫だとは思うけれど。

「リン」

 不意に名前を呼ばれて、あたしは驚いて顔をあげた。目の前に、自分と同じ顔がある。

「……あれ」

 いつの間に撮影が終わったんだろう。

「なにぼーっとしてんだよ、一応お前も仕事中だろ」

「……分かってるよ」

 もっともなことを言われて膨れるあたしに、レンはすっと手を差し出してきた。

「ほら」

 首を傾げるあたしに、レンは呆れたような目で言う。

「さっさと行くぞ」

-----

 まだ明るい街に、レモン色の街灯が灯りはじめる。
 通りに面したカフェの窓際に陣取って、あたしたちは他愛もない会話をした。通りに面してはいるけれど、車もよく通る場所だから、オープンテラスにはなっていない。

「ごめんな。テスト前なのに」

 ふと、思い出したようにレンが言った。

「なにをいまさら」

 あたしは、レンのそんな律義さに呆れてしまう。
 今日しかないのだ。明日しか休みはない。それをテスト勉強に費やせと? あたしがそんな真面目な人間に見えるだろうか。……って、いばれるようなことじゃないんだけど。

 あたしはジュースにストローを突きさし、くるくると回した。きらきらと氷が反射する。
 向かいに座っているレンは、当たり前のようにホットコーヒーを飲んでいた。いつの間に、味覚まで変わったのやら。あたしだって、我慢すれば飲めなくはないけど、そのあと具合が悪くなる。

「苦くないの?」

「苦いに決まってんだろ」

 レンは平然と返す。そこがいいんじゃないか、と。理解不能。

「辛いのは食べられないくせに」

 レンは返事につまり、そっぽを向いた。

「辛いのは味覚じゃなくて痛覚だろ。あんなもんが好きだなんて、ただの変態だ」

「そこまで言うか」

 そういうの、屁理屈って言うと思うんだけど。辛いの好きなくらいで変態にされたら、どっかの国の人たち全員変態だよ。

 そんなどうでもいい会話をしていると、料理が運ばれてきた。二人の共通の好物をふたつ頼んで、それぞれ半分こ。これまでもよくやったことだったけれど、あたしは自分の担当の分を食べきれなくて、レンが残りを食べることになった。この間まで、あたしの方が多く食べていたのに。

 店を出ると、もう日は暮れていた。街あかりで雲が照らされて、お互いの顔がはっきり見えるくらい明るいけれど、さすがに夜は冷え込む。

「あれ……」

 あたしは、ふと気付いて、立ち止まった。

「レン、背伸びた?」

 レンも立ち止まり、首を傾げる。自覚はまったくないらしい。

「まぁ……のびててもおかしくはないだろ」

「そりゃそうだけど」

 あたしはレンをわずかに見上げ、溜息をついた。

「なんで溜息つくんだよ」

「なんでもいいでしょ!」

 あたしは先に立って歩き出したが、レンに手を掴まれて立ち止まる。

「……お前、最近なんかおかしいよ」

 レンは、少し困ったように、でも真剣な表情でまっすぐにあたしを見ている。

「そんなこと、ないよ」

 レンの視線から逃れるように、あたしは目をそむけた。

 おかしいというのなら、ずっと前から、全部おかしかった。きっと、そういうことなんだと思う。
 恋なんて、すぐに終わってしまう儚いもので、それに縛られてるなんて馬鹿らしい。
 そう分かっていても逃れられない。レンのそばにいたくて、もっと近くに行きたくて、でも今の距離を失ってしまうのが怖い、なんて。全部全部、馬鹿らしい。
 でも……それでも、好きだよ。どうしようもないほど。
 繋いだ手から、この想いが全部流れ込んでしまえばいいのに。言葉に出来ないほどの想いを、全部。

「リン。一人で抱え込むなよ」

 レンは、そんなこと言って、無責任に微笑む。もうやめてよ、あんたの優しさが一番残酷だよ。溺れそうで怖いよ。

「そんなの……寂しいだろ」

 その言葉に驚いて、あたしは顔をあげる。レンの悲しげな表情の中に、痛いほどの何かがよぎった気がした。でも、あたしはそれを掴みそこねた。

「……レン、帰ろう」

 あたしは、結局、そう言って目をそらした。レンの中にある何かに、気付きたくなかった。それがたとえ、あたしが望んでいる感情だったとしても。
 今はまだ、気付くのが怖かった。

-----

 雨が降り出したのは、電車を降りて家まで歩いている途中だった。

「うわ……」

 あたしは空を見上げ、手で前髪をかきわける。

 家までは、まだ距離がある。普段は車で移動しているし、合宿所みたいなものだから、駅からは遠いのだ。おかげで、ファンに見つかることもなく平和な生活を送っていたのだけれど……。

 街からほんの少しはずれただけで、車もほとんど通らないほど静かな住宅街になってしまう。タクシーも拾えそうにない。

「走るか」

 レンは、そう言ってあたしの手をとった。優等生のレンはいつも折りたたみ傘を持っているけれど、仕事帰りだからもっていなかったらしい。

 夏の冷たい雨の中を走り抜け、いい加減暑いのか寒いのか分からなくなった頃に、ようやくあたしたちは家に着いた。

 夜なのに、家には灯りがついていない。誰もいないのだということを思い出し、鍵を取り出す。玄関の戸を開けて中へ入ったところで、後ろでどさりと何かが崩れる音がした。

「え……?」

 額に張り付いた前髪をかきあげて、振り返る。

「レン……!?」

とりあえずいろんなことに手を出しまくってる鏡音廃です。巡音も買ったようです。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/18736642

オリジナル曲の二次創作・派生作品等は、ボカロやPIAPROの規約の範囲内でご自由にどうぞー。

小説の更新が滞ってますが、プロットはちゃんと出来てますよ><

http://hozue.blog-fps.com/

http://sns.cv02.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=2229
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=12234

-----

2010/2/17 追記
HNを秋穂(あきほ)から穂末(ほずえ)に変更しました!

2010/7/18 追記
ニコ公開三曲目となる「水鏡プリテンス」で、P名を頂いてしまいました(ありがとうございますっ)。

-----

一応、お仕事やコラボのことに関して書いておきますね。以下の文章は、状況によってコロコロ変わります。

現在、曲・絵の新規依頼は受け付けておりません。交流のある方(複数回のメッセージ交換が目安)からの依頼ならば検討しますのでご一報お願いします。
作詞ならば依頼を受け付けられますが、依頼理由はきちんとお書きください。

一つの作品を仕上げるまで根気強く手伝ってくださる(ここ重要)絵師さん、動画師さんは常に募集しています。
また、作品ごとにイラスト募集を(突発的・〆切あり)することがあります。

コラボはお互いに本気じゃないと自然消滅するだけですので、やるなら本気でやりましょう。一報したうえでの延期・降板は受け付けますので。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP