北斗七星

投稿日:2009/12/15 10:40:19 | 文字数:278文字 | 閲覧数:73 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ぐり(guriplus)さんの歌詞募集の作品http://piapro.jp/content/a3ehktbk3mq95p42に応募させていただきました。

久しぶりの投稿です。

私は普段自転車で行動しているのですが
先月くらい夜に線路沿いを走っていたところ
夜行列車の北斗が通りまして
北斗だ!!いいな、のりたいな!!
と思いながら一生懸命ペダルを漕いだことを
この曲を聴かせていただいたときに思い出しまして
そのことを書かせていただきました。

自分の書きたいことを書きたいだけ書きなぐったので
字数、語感がおかしいのは承知しています。

ぐりさんのテーマにも沿っていないですし
自分の勉強不足で
メロやサビなど補足すべき指示も歌詞テキスト中に入れられておりません。

それでも読んでいただければ幸いです。

09/12/17追記
弟に指摘されたのですが、私が見たのは「北斗」ではなくて「北斗星」という列車だそうです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

闇夜の中で見つけた光
どこまで行けるかな なんて走り出した



とどろく騒音 さらわれる感覚
光の渦に飲み込まれて一体化

あたたかな静寂に
突き動かされる僕の衝動
ふりかえるな 突き進め

その果てには何もないけれど
まだ見たこともない何かがあるはず Ah



ハンドルは固く握り締め
光の指す方角へ思い切って振り切れ

ずっと行きたいと思っていた
ここじゃないどこか
心を馳せて さあ

君が教えてくれた過去、未来、そして願いは
このレールの上に Ah



この果てには何もないけれど
まだ見たこともない何かがあるはず Ah

作詞をしています。
少しずつ作品を増やしていけたら、と思います。
基本的には歌詞募集をされている楽曲に応募させていただいて作品を書いています。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    あけましておめでとうございます。
    お借りする歌詞が決まりましたので、お知らせします。
    下記URLメッセージ欄にて報告させていただきました。
    http://piapro.jp/content/a3ehktbk3mq95p42

    2010/01/06 21:47:01 From  ぐり

  • userIcon

    ご意見・感想

    satsukibare様、初めまして、ぐりと申します。
    歌詞の応募、確認致しました、ありがとうございます。
    年明けの結果をお待ち下さい。

    2009/12/15 12:43:50 From  ぐり

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP