カトラリー

投稿日:2017/12/31 04:34:48 | 文字数:605文字 | 閲覧数:2,037 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何でもないのに涙が
こぼれ落ちたらいいから笑って
一滴も残さずに救ったら
戸棚の隅のほうへ隠すから
誰かの言葉の分だけ
また少しだけ夜が長くなる
目を閉じたらどう?
もう見たくもない なんて
言えるわけもないし

不機嫌な声は霞んだ
浅い指輪の味を頂戴な
またいつもの作り話
灼けたライトで映す夢を見ていた

藍色になるこの身
委ね なすがままに 故に
忘れてしまっても
愛用であるように
錆びたカトラリー
君が終わらせてよ
最悪の場合は


何でもないのに涙が
溢れ出したら今日だけ笑って
一切の感情を殺したら 
扉の前でちゃんと話すから
誰か暮らしの分だけ
また少しずつ街が沈んでる
目を開けたらもう
誰もいないなんて
洒落にもならないし


愛想がつく前に 気兼ねなく我儘に
やがて無くしてしまっても
後悔しないように 織りなすメロデイ
君と踊らせてよ 最善の用意は


不機嫌な声は霞んだ
苦い指輪納めて頂戴な
またいつもの作り話
馬鹿みたいな悪い夢を


藍色になるこの身
委ね なすがままに 故に
忘れてしまっても
愛用であるように
錆びたカトラリー
君が終わらせてよ
最悪の場合は


何でもないこの涙が
要らなくなったならもう忘れて
溜まった食器洗ったら
記憶の奥のほうへ隠すから
誰かの言葉の分だけ
また少しだけ君がいなくなる
目を閉じたらどう?
もう見たくもない なんて
言えるわけもないし

この作品URLを含むツイート1

  • 【カバー】カトラリー【黄琴影】

    by 黄鏡博人さん

  • カトラリー

    by 有機酸さん

もっと見る

▲TOP