檻姫

投稿日:2016/02/17 07:41:15 | 文字数:234文字 | 閲覧数:286 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

曲募集中です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

一人きり
御手玉をひょいとあげ
口ずさむのは数え歌
愛した人の

二階から
見下だし男を誘い
知らない体 触れて言うは
甘い言葉

貴方様のため この体捧げましょう

三つ指を
つき申す彼(か)の契り
その日から 愛を着飾り
無意味に撒いた

今宵も 月を愛(め)で
愛しき貴方様思う
繰り返し 蘇る想いは
捨てられずにまだ
誰かと貴方様を重ねて愛を奏で

四年目
数え切れぬ愛を受け
皮肉めいてか 私はそう
『檻姫』と言われ

檻の中でそっと 変わらぬ愛を歌い果てる

方言が抜け切れていないので何言ってるかわからなかったらお手数ですが遠慮なくおっしゃってくださいまし。
作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP