ボーカロイドの日常。【part.0】

投稿日:2010/11/28 13:15:38 | 文字数:2,282文字 | 閲覧数:176 | カテゴリ:小説

ライセンス:

みなさんこんにちは、虹の龍です。

自作の小説を書いてみました。
いやもう出来とか関係なしに出来上がっただけでなんか嬉しいですね。
このお話は第0話ということで、まあプロローグ的なポジション(?)だと思っていただければ。

ちなみに小説とか言っておきながら地の文がないのはスルーでお願いします。セリフだけでも小説になるんだろうか?

もしいたらだけど……読んでくれた人、ありがとう!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ミク「説明。これはボーカロイド達の日常を淡々と描く物語です。過度な期待はしないでください。説明終わり」

リン「ちょ、そんな説明で大丈夫なの!?いろんな意味で!」

レン「作者がちょっとやってみたくなったからやっただけらしいよ。元のセリフがうろ覚えだからあってるかどうかはわからないとか何とか」

リン「知らないよ!ってか普通にメタ発言もありなんだね!」

ルカ「まあまあ、リンちゃん。ノリが某ライトノベルに似てるとか思っても口に出しちゃだめよ?」

リン「ああ!ルカさんまで~!」

ミク「というわけで、ボーカロイドの日常。始まるよ~」

レン「ほんと、期待とかしないほうがいいですよ」

ルカ「暇つぶし程度に読んでいただければ幸いです」

ミク「暇つぶしにさえならないかもね~時間やら電力やらの無駄かもね~」

リン「ちょ、みんなして作者を攻撃しない!」

虹「ということですので、よろしければ読んでやってください。よろしくなければ画面左上の←ボタンでブラウザバックしてください」

リン「うわあ!本人出てきた!」

虹「よっ。ちなみにこれからも時々降臨するよ、俺」

レン「降臨って……神かお前は」

虹「ああ、紙だ。内容ぺらっぺら的な意味でな」

レン「いや、peparじゃなくてgodの方かと聞いたんだが……まあいいや」

リン「なんかこのままだとほんとに内容ぺらっぺらのままだらだら続きそうなので本編そろそろ行きましょう!」

ミク「え~、まだ続けようよ~」

レン「別にもうちょっといいんじゃないか?」

ルカ「どうせ本編に突入しても大して変わらないのだし」

虹「俺ももうちょっとみんなと触れ合いたいから続けるわ」

リン「み、みんなして……わかったよう。でも続きすぎたらストップはかけるからね」

虹「おkおk」

ミク「じゃあ内容ぺらっぺらにならない話すればいいのかな?」

ルカ「そうなるわね。何がいいかしら?」

レン「そういえばこのストーリーの設定とかあんまり聞いてないよな」

ルカ「そうね。じゃあ作者にサクッと説明してもらいましょうか」

虹「んー、正直言うとあんまり決めてないんだよな。まあみんなは高校生で同い年の設定であることは間違いないんだけど。」

ルカ「けっこう適当ね……」

リン「せっかくだからちょっと決めていこうよ」

虹「そうはいっても、俺基本行き当たりばったりで書くタイプだからなあ。ほとんど伏線とか張らないしほんと内容ぺらっぺらだよ?」

ミク「実はリンちゃんは事情があって女装している男の子でした!とか」

リン「違うよ!?一人称はボクだけど男の子じゃないからね!?れっきとした女の子だからね!?」

ルカ「そこまで否定するとは……まさか本当に」

リン「違うってばあ!なんならあとでボクが女の子である証拠見せてやるんだから!」

レン「え……女の子の証拠って……///」

リン「レンってそういうキャラなの!?生徒手帳見れば一発って意味だよ!」

レン「なんだ……ちょっとがっかり」

リン「何にがっかりしたんだ何に」

ルカ「レン君もそういう想像しちゃうお年頃ってことよね?」

レン「健全な男子なら今のセリフから想像することは1パターンのはずだ」

ミク「多少の知識がある女子も想像できるはずだよ~」

リン「あ~、もういいから!みんながなにを言いたいのかはわかったから!恥ずかしいよ!」

虹「一応ギャグ路線で行こうかなとかは思ってるんだけどさあ」

リン「この流れをスルーなんだ……」

ルカ「まあ、才能ないわよね。笑いの」

虹「でも才能とか全くといっていい程何もないしな。どうせなら自分がやってて一番楽しいやつやろうかなって」

ミク「自己満ですね、わかります」

レン「ま、いいんじゃねえの」

虹「あ、でも俺ラブコメも好きだからたぶん入る。下手するとそっちのほうが多くなるかもしれない」

レン「安定しないなあ、おい」

ルカ「所詮は自己満ね」

ミク「このメンバーでラブコメって男がレン君しかいないよ?」

虹「俺が入ればよくね?」

全員「「「「えー」」」」

虹「……まあ、予想はしてたけどさ。けっこうつらいなこれ」

リン「作者はこんな感じに降臨するのはたまにでいいんじゃないかなあ。なんて……」

ミク「リンちゃんの言うとおりだね」

ルカ「ギャグ路線の時にたまに出てくる感じで十分だわ。むしろでなくても結構」

レン「ルカ姉って何気にキツイよな……」

ルカ「なにか言ったかしら、レン君」

レン「いえ、別に……」

リン「結構長くなってきたよ~。そろそろまとめてもらってもいいかな?」

虹「そうだな。じゃあみんなは高校1年生の同級生。で、細かい設定とかはほとんどなし。物語は流れで読んでください」

ミク「各キャラの性格とかは?」

虹「それは徐々に形成していくってことで。今のところこの0話みたいな感じになるだろうけどね。気が向いたら設定とか出すかも。あくまで気が向いたらだけど」

レン「俺ら以外にキャラ出るの?」

虹「俺の気分とひらめき次第。できれば出したいけどね」

ルカ「で、ジャンルは今のところギャグラブコメと」

虹「比率とかはわからんが、一応そんな感じ」

リン「これぐらいでいいかな?」

虹「うん。じゃあ次は本編だな」

ミク「あばれるぞ~♪」

リン「あ、暴れないでね……」

レン「ではまた」

ルカ「次のお話でお会いしましょう」

全員「またね~」

創作活動初心者です。
機会があればよろしくお願いします!

プロフィール的なもの。

学年:高二

性格:オタク。ネガポジ。

好きなもの:ボカロはもちろん、アニメなんかも。あとパソコン、ゲーム。

嫌いなもの:野菜全般。虫。勉強。

3サイズ:85/61/88―――大嘘。

自作小説開始~。よければ読んでやってください。

なんかだらだらgdgdやってます。
気が向いた時に出現するかもしれません。
最近湧いて出る率低いです。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ハジメマシテ、鏡美姫*という者です~
    面白いですね、私の駄作なんかよりも!

    良かったら友達になってください♪
    私は女で中1ですが、、、
    宜しければ米コメ待ってます!
    タメでぉkですので、鏡美姫って呼んでくださいね~

    2010/11/28 16:26:19 From  鏡美

  • userIcon

    メッセージのお返し

    は、はじめまして!タメでおkということなので指示通り。
    まさかメッセージを頂けるなんて……嬉しいぜ!
    いやいや、youの方が文も構成もしっかりしてて読みやすいしなによりストーリーに引き込まれる!
    俺の内容ペラッペラな文と比較するまでもないよw

    こ、こんなやつでよければ是非友達に!
    ちなみに俺男・中2ね?
    片方だけタメってのもおかしいし、そっちもタメでお願いしていいかな?

    2010/11/28 17:33:03 虹の龍

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP