ハルウララ(聴いてくれー!!)

投稿日:2019/03/23 21:33:58 | 文字数:556文字 | 閲覧数:170 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

すんさんがまたしてもステキな曲を!!

https://piapro.jp/t/rFJN

真っ暗闇の方が、かえって微かな光にも気付けるはず。
遮光カーテンの隙間から漏れる月明かりみたいに。イントロはそんなイメージです(笑)

春は裏はら、春うらら。。

よろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

イントロS
シンクを鳴らす雫の間隔を
数えてひたすら待つの
朝霧に焦がれた熱は
遮光の隙間を嘲笑う
月の光 影が伸びてく春裏ら

A
どうせなら引き返せぬ
ほどの雨に打たれたい
闇に紛れ 隠せたらいいのに

美しい地球(ほし)の真ん中
ジブンを描き出せない
真空管に漂い酔うボク

B
秒針 縋(すが)り
今を手放せない
ままで、ヒトリ
引き摺られるように

白く白く
突き放す世界に
キミの光はボクに見えない

S
吐息を濡らす涙の感覚を
左手にぶら下げては
街灯に零れた熱が
鼻腔の奥まで締めつけて
向かい風 星が靡(なび)いた夜 春裏ら


A
もう二度と取り戻せぬ
昨日の歌に溺れて
喉の奥に 棘残して歌う

新しい朝の光
暗闇に生まれ落ちて
輝き放て 憂いに咲く花

B
感情 惑い
明日(あす)に何を描く?
キミと、フタリ
引き寄せられるように

黒く黒く
塗り潰した世界
光、 本当の意味 求めて手を伸ばす

A'
どうせなら引き返せぬ
ほどの雨に打たれたい
闇に紛れ 隠せたらいいのに...いいのに

S'
水の中でそっと息を吐くたび
泡になって空に近づくように...

LS
シンクを鳴らす雫の間隔を
数えてひたすら待つの
朝霧に焦がれた熱は
遮光の隙間を嘲笑う
月の光 影が伸びてく春裏ら

はじめまして!
Unionゴロゴロ改めUnionと申します!

まだまだ未熟ですが、毎度発見があり楽しんでおります。
曲は書けないので、歌詞応募で頑張ります。ちなみに曲先が断然やりやすいです!

曲募集のタグついてるものは、絶賛楽曲募集中です!よろしくお願いします!
日々増えてますので、これだけあれば一つくらいはお気に召すものあるかもですよ(笑)

使う時は事前にご連絡をお願いします~!
あと、ボカロ用に書いているので、曲募集はボカロ曲のみです。

歌詞書いてるくせに、楽曲重視派なので歌詞はなるべく曲に寄せていきたい!
歌いやすいのが一番!
文字数の変更修正などお気軽に仰って下さい!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    歌詞採用させていただき、曲も完成したので報告いたします!
    ありがとうございました!!!
    https://piapro.jp/t/rFJN

    2019/03/23 16:50:35 From  すん

  • userIcon

    メッセージのお返し

    すんさん!
    ご採用ありがとうございます!!
    聴かせていただきますね~(*´ω`*)

    2019/03/23 18:40:02 Union

  • ハルウララ/初音ミク

    by すんさん

  • 歌詞決まりました。

    by すんさん

▲TOP