午前3時のしがらみで

投稿日:2019/03/25 16:07:15 | 文字数:357文字 | 閲覧数:16 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あの街灯跳び移ってどこに消えよう
窓越し 伝う風に冷やかされて────

はぐれ歯車の夜行性達の音が聴きたいから
まだ眠れない 揺り籠で傷心旅行
隠れた悪魔の社交場 囁き声だけリダイヤル
ただ少しだけ ここで寄り添っていて

モノラルな感覚 エンコードされない自分は
言語化非対応だけど

もう一度 街灯跳び移ってどこに消えよう
今 頬に伝う風 靡く誘導旗はカーテン
目の前の扉開けて 帰らなくてもいい
魔法にかけられてみたいよ だって

午前3時のしがらみで

サラウンドな環境音 デコードされない世界は
電波の届かない 繧繝ノ縺レ

あの街灯跳び移ってどこに消えよう
誰かに魔法をかけてかけられて 自由
ほら お手を拝借さ baby 帰らなくてもいい
午前3時のしがらみで解き放てそうなら
午前3時のしがらみで

人間です 普段はTwitterにいます
@S0t4o1n6e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP