黒白二重 【ご依頼品♪】

投稿日:2015/10/31 11:30:56 | 文字数:1,101文字 | 閲覧数:286 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

タイトルは、『こくびゃくふたえ』と読みます。

なおる様からご依頼いただいて、和風曲に書き降ろしました。
ストーリーを織り交ぜたものにしたいと思い、試行錯誤。
毎回書いてますが、和風曲は意訳が最高に楽しいのですが…それが歌詞にちゃんと反映されてきているのか模索中です。

初稿、歌詞変更等対応します。

2015.11.25
tmboxに、upされました!
今のところ、動画化予定はありません。
http://tmbox.net/pl/950470

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

☆1A
とある昔のこと
生まれ堕ちた二重
射干玉の姫君
暁の媛君

☆1B
蕾淡く咲き
選り抜く運命に
瓜二つの華
水さえ違わず


☆2A
雨を涸らし遭いて
雪を手繰み空いて
射干玉と暁
互いにて葉毟る

☆2B
蕾濁り落つ
過ぎ去る背にも
唯二つの華
由縁さえ紡げず

☆2C
いずれ違わぬ事さえ
尚もいみじく


☆3A
星を仰ぎ観ては
雲を描き散して
表裏一体の
光と影ならば

☆3B
花は咲き誇る
好いては憎みて
嗚二つの華
退かずも譲らず

☆3C
いずれ叶わぬことさえ
尚もをかしく


◆◆◆◆◆


【意訳】

とある昔のこと。
双子の姫君が、生まれた。
一人は、朝陽を寄り集めたような髪の、『暁の媛君』。
もう一人は、漆黒の夜の底のような瞳の、『射干玉の姫君』。

二人は年頃を迎え、見目麗しく成長した。
高貴な者の運命として、生涯の伴侶を選ばなければならない。
容姿は違えど互いによく似た二人は、
花が自然に水を欲するのと同じように、
同じ人に想いを寄せた。

雨を涸らして求める水を与えないように、
雪を手繰り寄せて根を囲んでしまうように、
射干玉の姫君と暁の媛君は、
互いに葉を毟り取るかの様に競い合った。

そればかりに夢中になって、
いつしか意中の人は彼女達の元を去ってしまう。
その真の理由さえ、告げられないままに。

少しも違わず互いに似ていることさえ、
甚だしく腹立たしい。


星空を仰ぎ観たり、雲の姿を描いたりして、
どんなに気持ちの整理をしてみても、
表裏一体の光と影だからこそ互いのことがわかってしまう。

いくつもの夜を越えて、
双子の姫君は、まるで蕾が花開くように成長していく。
互いを好いては憎み、退かず譲らず。

想いが実らないことさえ、
己が育つ糧になるのだと知りながら。


◆◆◆◆◆


【読み仮名】

☆1A
とあるむかしのこと
うまれおちたふたえ
ぬばたまのひめぎみ
あかつきのひめぎみ

☆1B
つぼみ あわくさき
よりぬくさだめに
うり ふたつのはな
みずさえ たがわず


☆2A
あめをからしあいて
ゆきをたごみあいて
ぬばたまとあかつき
たがいにてはむしる

☆2B
つぼみ にごりおつ
すぎさるせなにも
ただ ふたつのはな
ゆえさえ つむげず

☆2C
いずれたがわぬことさえ
なおもいみじく


☆3A
ほしをあおぎみては
くもをかきちらして
ひょうりいったいの
ひかりとかげならば

☆3B
はなは さきほこる
すいてはにくみて
ああ ふたつのはな
ひかずも ゆずらず

☆3C
いずれかなわぬことさえ
なおも をかしく

作詞、歌う人。
シリアス・能天気・ファンタジー・厨二バトル系が主。
現在全面的におやすみしております。
依頼、応相談。

ピアプロ関連活動まとめ↓
◇◆DISCOGRAPHY◆◇
http://piapro.jp/t/wVNl

歌活動等含む総合まとめ↓
◇◆BLOG◆◇
http://lyric-over-flow.blog.jp/

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんにちは 
    現在こちらの曲をUPに向けてちょこちょことやっております。
    詞のタイトルが仮になってますが
    正式なタイトルはお決まりでしょうか?

    2015/11/20 15:03:52 From  なおる

▲TOP