風化した花束

投稿日:2019/08/26 22:53:21 | 文字数:226文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

足のない君に長靴をあげる
真っ赤なリボン
そのまま明日を踏みつけてみせて
怖がらないで

君の犬がいつか死んでしまうこと
知らなくても変わりはしない

口の中の角砂糖が溶けてしまう
白いシーツに隠れた
ピアノの鐘を目印にしていたのに
熟れた耳を引きちぎる



指切りをして結んだ約束は花束になる
静かに息を引き取っていく
君は幸せそうに


窓の向こう
さざなみと子供の声
まだ誰にも気付かれない
花束には添えられた魔法の文字
秘密のまま火に融かした

ボカロPやってます。
twitter( https://twitter.com/Naru_man
ニコニコ( http://www.nicovideo.jp/user/10132311

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP