Giallarhorn

投稿日:2010/03/12 19:36:14 | 文字数:482文字 | 閲覧数:156 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

永い冬が来た
さあ 目ヲ覚マセ
偽善の鎧を
さあ 脱ギ捨テロ

モラルや名誉は
元々こんな世界にはねえ

赤い雄鶏が鳴いた
さあ 時ハ来タ
深い憎しみを
さあ 解キ放テ

飾られた正義
紅い血に染めるのは今だ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
足枷ヲ引キチギレ
星空ヲ呑ミ込ンデ
堕チタ太陽ニ吼エロ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
大地ヲ震ワセロ
荒ブル波ニ乗リ
虹ノ橋ヲ目指セ

偽りの神秘
さあ 踏ミ潰セ
愚かな奴隷を
さあ 狩リ尽クセ

怯む事はない
奴等に生きている価値はねえ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
栄光ヲ噛ミ砕ケ
狡知ノ名ニ於イテ
万物ノ槍ヲ奪エ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
雷光ヲ塗リ潰セ
絶望ノ毒牙デ
滲ム狂気ニ酔エ

転がる骸は
風の根源にくれてやれ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
醜態ヲ突キ付ケロ
快楽ニ鎮座シタ
神々ノ首ヲ刎ネロ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
終焉ヲ噛ミ締メロ
希望トイウ苗ヲ
産声ゴト根カラ絶ヤセ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
夜明ケヲ刻ミ込メ
穢レタ血ヲ注イダ
杯ヲ掲ゲテ踊レ

ギャラルホルンハ鳴ッタ
世界ニ火ヲ放テ
欲望ニ冒サレタ
理ヲ無ニ還セ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Giallarhorn

    by ウインディーさん

オススメ作品10/35

もっと見る

▲TOP