連歌 ~智の宴~

投稿日:2009/06/22 07:05:18 | タイム/サイズ:03:53/(7,274KB) | 閲覧数:357 | カテゴリ:音楽

ライセンス:

tmix×ピアプロコラボ用の楽曲です。

今回のお題は「ピアプロダクション」ということで、日本におけるピアプロダクション的文化として「連歌」と「祭りの宴」を連想しました。

連歌とは、57577の和歌の体系に則って、複数の人間が連作で詩を繋げていく連作形式の詩です。単純に繋げれば良いというわけではなく、前後の展開や次の人の便宜を考えた厳密なルールが存在する、高度な知的遊戯でした。

現在のPIAPRO周りを見ると、形式こそ楽曲やイラストになっていますが、複数の作品から展開して別の作品に移行する、まさに連歌のような状態にあると言えます。

また、「宴」ですが、ここでは「お祭り」の様子を想定しています。お祭りも日常の空間に非日常を集団で持ち込む、ピアプロダクションに近いものだと思います。

これらはあくまで地縁、信仰がベースになっているので、ピアプロダクションそのものでは無いのは承知の上ではあります。

以下、歌詞になります。「筑波の道」も連歌の意味です。
---------------------------------------------------------
筑波の道は遥か、流れる川のように

昔は連歌に集い、言の葉を集め給う

(間奏)

今は新しい道を伝い
智を集めて華を咲かそう

さあ、皆で集いて、歌い、踊る、この宴
八千代に騒ぎて、華を咲かせよう

宴は今日も続く、連歌の歌のように
---------------------------------------------------------

楽曲としては、日本の雅楽を参考にして東アジアの宮廷音楽風にしました。スローテンポ、ロングトーンの連続、ヘテロフォニーの響きが特徴です。古代音楽っぽいちょっと珍しい感じを楽しんでいただけたら幸いです。

カード
イラスト0

+ 追加
PLAY

ハンドルネームの読みは「いなしき じょうしゅう」と発音します。

普段は技術者をしております。
2007年の秋に初音ミクとVOCALOIDの存在を知り、技術的な興味からミクをお迎えしました。

試しに使ってみたところ…、これは面白い!すっかり虜になって、日本語ボカロさん全員を揃えてしまいました。

世間ではボカロに対する議論が盛んに行われていますが、「使っていて楽しい」という簡単な視点が抜け落ちているように思えてなりません。

論評する人も実際にボカロを手にとって歌わせてみれば、また違った知見を得られると思います。

まあ、ピアプロに来られる方々はすでにボカロの虜ですよね?

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 言の葉の道

    by 稲敷常州さん

  • 冬天欣喜

    by 稲敷常州さん

  • by 稲敷常州さん

  • 【鏡音リン】 おつかれマスター

    by ISD@アンメルツPさん

  • 月舟 ~雲の波を越えて~

    by 稲敷常州さん

  • ☆2009/06/10更新『永遠のメロディー feat. Miku Hatsune』(New Take)

    by みじぴんPさん

  • ぱわー!

    by 小野塚裕也さん

  • ヒルガオ

    by 稲敷常州さん

  • 坂の町と雨

    by 稲敷常州さん

  • 冬月

    by 稲敷常州さん

もっと見る

▲TOP